コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

ハワイ旅行におすすめのSIMカード!料金プラン・メリットやデメリットを解説

ハワイへ旅行に行くなら、現地で使える海外SIMを押さえておきましょう!海外旅行中のスマホ通信手段として海外SIMカード、現地SIMカード、海外eSIMの3つがあります。現地事情を踏まえながら、おすすめのSIMを解説します。

Saori

10月 5, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

ハワイ旅行では、天気予報の確認やレンタカーの検索など、スマホでデータ通信する機会は多く、帰国後の高額請求を心配することなく現地で心置きなくネットが使えるプリペイドSIMカードは、もはやないと困るレベルの必需品です。では、ハワイで使えるSIMには、どんな種類があるのでしょうか?

今回は、最新の海外eSIM情報も含め、おすすめのハワイSIMカードを紹介し、データ容量と料金買うタイミング場所について詳しくお伝えします。どのSIMを買えばいいか迷っている方は必見です!

eSIMについてはよくわからないという方にも、使うメリットやデメリットを解説します。

    ハワイ旅行にはHolafly(オラフライ)eSIMがおすすめ   

ハワイ旅行には荷物にならないeSIMが最適

読者限定に5%割引クーポンを配布中!

コード:【MYESIMNOW5

データ使い放題のハワイeSIMをお得にゲットできるチャンスは今!

ハワイへ行く目的は、観光だけでなく、留学、移住、結婚式・新婚旅行という方もいらっしゃるでしょう。目的や滞在期間に合ったものを選べるよう、おすすめのハワイで使えるプリペイドSIMを探っていきますので、ぜひ最後までお読みください。

海外SIMカードを購入するタイミングは?

海外旅行用のSIMカードは、日本を出発する前に準備しておけると一番安心ですよね。目的地に着いて、カードをスマホに挿すだけで、自動的に現地の電波につながります。

大手ネットショップは、人気の海外旅行先で使えるSIMカードを多く取り扱っているので便利です。

ただ、その分割高であったり、使用日数が多すぎたり、データ容量が少なかったりと、不満は少なからずありつつも、事前に買っておける安心感もあり、仕方なく購入する方も少なくないはず。

そこで、ネットで事前購入ができて、もっと便利な通信手段「eSIM」をご紹介します。eSIMは、物理的なカードを必要としないデジタルSIMで、近年導入された新技術。海外旅行用のeSIMを販売するサービスプロバイダーも増えています。特にHolaflyのハワイ向けプリペイドeSIMは、日本からも購入でき、データ通信量が無制限という魅力的なプランでおすすめです。

ハワイ旅行用SIMカードはどこで買う?

ハワイで使えるプリペイドのSIMカードはどこで買うのがお得なのでしょうか?旅費を抑えるためにも気になるところです。早速解説していきます!

海外旅行でプリペイドSIMを買う時、空港や市中にある携帯ショップに行くのが一般的ですが、ハワイの販売事情は少し違います。

現地購入と事前に日本で購入する2つの方法を比較したポイントを下記にまとめました。

  • 到着時にSIM販売店より購入:残念ながらハワイの空港ではプリペイドSIMは売ってないのです!大型ショッピングセンターや観光客が多いホテル街でSIMカードを売ってる携帯ショップがいくつかあるので、現地で見つかる可能性はありますが、旅行者向けのSIMを販売していないことが多いです。
  • 出発前にデジタルSIMを買う:現地到着後すぐに利用でき、カードの差し替えや探す手間もないことを考えると、日本からハワイで使えるスマホ通信手段を確保する手軽で便利な方法はeSIM一択といえます。Holaflyオンラインショップなら、ネットでハワイを含め海外eSIMの購入と設定が簡単にできます。

HolaflyのハワイeSIM、SIMカードとどう違う?

eSIMは簡単に言うとスマホと一体型になったSIMのことをいいます。

SIM機能を端末内に内蔵されているスマホは、SIMの情報を遠隔で書き換えるだけで、SIMの契約がその場で完了します。そのため、海外旅行に非常に便利です。

SIMカードの入れ替えや店舗まで足を運び、購入するという手間もなくなるため、eSIMは他の海外通信手段よりも利便性が高いと言えます。

eSIMに対応したスマホをお持ちなら、海外eSIMを購入するのが断然手軽です。

インストールは、QRコードを使用して、端末内で簡単な設定操作を行うだけなので自力でできます。

HolaflyのハワイeSIMはすべてデータ無制限プランなので、ギガ不足になる心配もありません。また、最短5日間から最長20日間まで5つの使用期間があり、滞在期間に合わせて選べます。

eSIM ハワイ Holafly オラフライ オンラインショップ
Holafly公式ウェブサイト ハワイeSIMプラン購入画面 引用元:Holafly

Holafly ハワイeSIMを買う前に確認したい4つのポイント

  • お使いのスマホがeSIMに対応した機種であるか確認すること
  • eSIMプロファイルが含まれたQRコードを受信できるメールアドレスを持っていること 
  • eSIMをインストールするために、安定したネット環境が確保されている
  • カメラが正常に機能しQRコードを正常に読み取れること

ハワイeSIMの開通は、eSIMプロファイル(QRコード)のダウンロードから始まるので、モバイルデータ通信、またはWi-Fiに接続されていることが重要になります。そのため、インストールは出発の数時間前に行い、到着時にアクティベートすることをおすすめしています。※目的地に到着するまでアクティベートはしないように!

Holafly eSIMの料金プラン、SIMカードよりもお得?!

ハワイのリゾート地へ行くなら、Holaflyが提供するハワイeSIMをおすすめします!データ無制限のeSIMプランを最大20日間で契約できます!幅広い使用期間を用意しているので、滞在期間に合わせたお得なプランが必ず見つかります。

データプラン料金
5日間 データ無制限2,400円
7日間 データ無制限3,400円
10日間 データ無制限4,400円
15日間 データ無制限5,700円
20日間 データ無制限6,900円
表1. Holafly eSIM データ通信専用プラン 料金プラン 

[iPhone用]Holafly eSIMをアプリからインストールして、アクティベートするための手順

  1. ステップ1.ハワイeSIMをHolaflyオンラインショップから購入する

  2. ステップ2.「Holafly eSIM」アプリをApp Storeからダウンロードする

  3. ステップ3.「Holafly eSIM」アプリにメールを使用して会員登録する

  4. ステップ4.Holafly eSIMプランをインストールする

  5. ステップ5.eSIMプランをアクティベートする

  6. ステップ6.eSIMの利用を開始

SIMカードからHolafly eSIMに変えるメリットは?

  • データ通信量が無制限なので、データの消費量を心配する必要がない
  • デュアルSIM機能により、日本で契約中のSIMはそのまま保有され、LINEなどメッセージアプリをいつも通り利用できる
  • 分かりやすいeSIMの設定手順が付いてくる
  • 人気の観光地や都市でで4G速度のデータ通信が利用できる

SIMカードからHolafly eSIMに変えるデメリットは? 

  • Holaflyが提供するeSIMを使うためには、eSIMに対応したスマホが必要
  • HolaflyのハワイeSIMでは、音声通話・SMSの送受信ができない

Holafly eSIMの通信エリア

HolaflyのeSIMプランを利用すると、ハワイの大手携帯キャリア「AT&T」のモバイル回線に接続します。ワイキキを含めハワイの観光エリアのほとんどでは3G/4G/LTE速度でデータ通信ができるので、快適なネット環境が楽しめます。

AT&T ハワイ内サービスエリアマップ

eSIM ハワイ Holafly  オラフライ AT&T 通信エリア
AT&T ハワイ内サービスエリアマップ 引用元:GSMA

ハワイ現地でSIMカードを購入できる場所は?

既にお伝えしたように、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港には、他国の国際空港のようなSIMカード販売ショップが集まった売り場はないのです。

となると、現地プリペイドSIMを買うなら、街の携帯ショップやスーパーで買うのが唯一の選択肢になりますが、それも旅行者向けSIMの取り扱いは少ないそうです。

なので、ここでは、日本の通販サイトから購入できるハワイSIMカードを紹介します。

購入する場合は、事前に手持ちのスマホの周波数がハワイで使用する周波数と一致するのか確認する必要があります。ハワイの周波数に対応していない日本のスマホは多いので気を付けましょう。

DHA SIM

「DHA SIM for USA/CANADA」7日間の利用で3,980円。一日あたり使用できるデータ量は2GBまで。メリットとしては、5G回線が利用できるところです。

T-Mobile

「アメリカSIM」はデータ量無制限が7日間の利用で2,680円。高速データ通信に加え、通話とSMSが利用できる点がメリットになります。

Verizon

「アメリカSIM30日間」はデータが使い放題のプリペイドSIM。お値段は30日間の使用で8,480円です。使うメリットは、こちらも通話とSMSが付いてくるところ。また、アメリカ大手の携帯キャリアなので、ストレスのない安定した通信が離島のハワイでも利用できます。

ハワイでおすすめのプリペイドSIMを比較

SIMeSIM販売店準備と使い方購入方法データ通信量料金
Holafly eSIMeSIM対応機種
SIMロック解除済み端末
SIMフリー端末
公式ウェブサイトから
(間もなく公式アプリからも購入可能に)
無制限2,400円~
DHA SIM for USA/CanadaSIMロック解除済み端末
SIMフリー端末
ハワイの周波数に対応しているか確認
Amazon JP1日あたり2GBまで3,980円
T-MobileSIMロック解除済み端末
SIMフリー端末
ハワイの周波数に対応しているか確認
Amazon JP無制限2,680円
VerizonSIMロック解除済み端末
SIMフリー端末
ハワイの周波数に対応しているか確認
Amazon JP無制限8,480円
表2.Holafly対ハワイ携帯キャリア3社のSIMデータプラン比較表

ハワイ旅行におすすめのSIMカードはどれ?

ハワイ旅行のスマホ通信手段に、プリペイドeSIMを使ってみましょう!

スマホを海外で利用するときの手間やコスト、そしてプラスチックごみの削減を可能にしてくれるeSIMは、人にも地球にも優しい選択肢です。

HolaflyのハワイeSIMは、お得なデータ無制限プランを5種類の使用期間で提供しているので、旅行期間に合わせたプランが必ず見つかります。

身分証明書の提示や難しい設定作業はなく、スマホの扱いに慣れていない人でも簡単に使えます。最大のメリットは、オンライン上で購入できるので、日本にいながらでも、ハワイに既に到着していても、必要な時にいつでも購入できるので、現在圧倒的に便利な通信手段になっています。

海外eSIMを使えば、ハワイ旅行がもっと快適になりますよ!

ハワイで使えるeSIMを手に入れ、データ無制限の旅を楽しもう! 引用元:Holafly

ハワイSIMカードについてよくある質問

ハワイ旅行用のSIMデータプランはいくらですか?

Holafly eSIMなら2,400円から5日間のデータ量無制限プランが利用できます。90日間プランでもたったの11,900円と、割安感がある価格帯です。
さらに、現地では、カバー率が高い、最大手通信キャリアの安定したネットワークに接続するので、高品質な通信サービスを利用できます。

ハワイeSIMプランの使用期間が過ぎると、使い切れなかったデータ量はどうなるのですか?

使い切れず残ったデータ量は無効になり、再び使うことはできません。

デジタルSIM・eSIMプランのデータ使用量を確認する方法は?

eSIMプランの残りのデータ量はアプリとスマホ端末から確認が可能です。
アプリを利用するためには、eSIMを購入した後送信される確認メールに記載されたログイン情報を使用してください。
また、携帯端末の設定画面からもデータ通信量が確認できます。
通話サービスが付いたプランの場合、残りの通話時間は、カスタマーサポートに問い合わせると確認できます。

海外SIMを選ぶ際に確認すべき点は?

海外SIMを選ぶ際、考慮するべき点は、滞在日数と普段使用するデータ通信量です。この2点を把握できれば、割り当てられた使用日数やデータ通信量を過不足なく使えます。