コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

 マカオでWiFiを使うには?レンタルWiFi・無料WiFi事情を解説[2024年]

マカオのWiFi事情を解説します!マカオで使えるフリーWi-FiスポットやレンタルWiFiの料金、使うメットとデメリットをお伝えします。

Saori

3月 19, 2024

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 36.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

歴史的建造物や夜景がきれいなマカオではスマホを使わずにはいられない。

ひとり旅で訪れる人が多い旅行先では、グーグルマップやSNS上での情報を頼りに観光に出かけるでしょう。

マカオでスマホが使える海外ネット通信サービスはいろいろありますが、今回は無料WiFiの使い方とモバイルWiFiレンタルの料金プランを紹介します。

マカオ 聖ポール天主堂跡 利用可能な 無料WiFi レンタルWiFi 

マカオで携帯の通信はeSIMが手軽!

\レンタルWiFiはもう古い!🙅/

【読者限定】5%OFFクーポン配布中!

クーポンコード:MYESIMNOW5

マカオの公衆WiFi事情

マカオは、面積およそ30平方キロメートルの小さな中国の特別行政地区。

カジノや東西の文化が融合した街並みが観光の目玉です。

そんな観光が主な産業であるマカオでは、通信インフラの普及は広く、日本と同じようにマカオ全土で快適にインターネットの利用ができます。

マカオの観光スポットでは、マカオ政府が提供する「FreeWiFi.Mo」と呼ばれる公衆WiFiの整備が約500か所以上あります。

マカオのフリーWiFiスポット

マカオの公衆Wi-Fiを利用するには、スマホのWiFi設定から「FreeWiFi.Mo」を選択し、利用規約に同意すると30分毎利用できます。利用回数に制限はないので、再度利用登録を行えば使い続けられます。

マカオの無料WiFiは:

・ 博物館、図書館、病院などの公共施設

・ フェリーターミナルなどの交通機関

・ 人気の観光スポット

・ 飲食店や商業施設

などで見つけることが出来ます。

フリーWi-Fiスポットを詳しく知りたい方は、行政による「FreeWiFi.MO」のアプリから確認できます。アプリのダウンロードはこちらから

マカオ 夜 女性 スマホ 使用 WiFi

無料WiFiを利用する際の注意点

フリーWi-Fiの整備が多いマカオでは、「有料の通信サービスを利用しなくてもいい」と一見思ってしまいそうですが、注意が必要です。

誰もがアクセスできるフリーWi-Fiネットワークなので、以下のようことが起きる可能性があります。

  • セキュリティー面でリスクが高く、個人情報の流出の恐れがある
  • アクセスの集中により、通信速度常に遅い

公衆WiFiの利用は簡単な調べものに制限し、SNSアカウントへのログインやネット決済などは避けましょう。

WiFiスポットが多くても、移動を繰り返していると接続は必然的に切断されます。

毎回利用登録するのは面倒なので、WiFiなら自前で用意することをおすすめします。

Wi-Fiをレンタルしてマカオで携帯を使う方法とは?

マカオへは、複数の端末を持ち込む予定の方は、モバイルWiFiのレンタルが向いています。

📚 ポケットWiFiは小型なWiFi通信機器で、同時に複数の端末を接続してネット通信することができます。

モバイルWiFiレンタルの利用料は1日あたりに設定されています。

レンタルしているものなので、通信費以外に受取手数料と補償サービス代がかかり、他の通信手段よりも割高です。

ポケットWiFi モバイルWiFiルーター 通信機器  

WiFiレンタルのメリット・デメリット

メリット👍デメリット👎
✓ 複数のデバイスを同時に接続できる ✕ 充電をこまめにしなければいかず、
その他のアクセサリーの持ち運びで荷物が多くなる
✓ グループ旅行に最適✕ 別行動時は使えない
✓ 専用のネットワークで安全に通信できる✕ 紛失や破損の際は賠償金が請求される
✕ 返却期日を過ぎると違約金が発生する

レンタルWiFiの欠点を挙げますと、充電器とその他アクセサリが荷物になる点です。

持ち運びできるルーターは便利なのですが、その分バッテリーの持続時間を気にしないといけず、外出中に充電が必要になる点も不便といえます。

それでも、マカオ渡航の目的が出張留学パソコンとスマホ、複数デバイスの持ち込みがある方にとっては便利なサービスです。

では、WiFiレンタルの料金目安はどれぐらいなのか見てみましょう。

マカオWiFiレンタル会社3社の料金プラン

日本 WiFiレンタル会社 モバイルWiFiルーター レンタル マカオ向けプラン

イモトのWiFi


・イモトのマカオ向けレンタルWiFのプランは3つ。

・利用できる通信速度は4G /LTE。

・受取り・返却は宅配または空港カウンターでできます。

・国内の主要6空港で受け渡しが可能です。

・データチャージは500MBごとできます。

大容量プラン(500MB/日)960円/日
ギガプラン(1GB/日) 1,160円/日
無制限プラン(使い放題) 1,860円/日

例に、WiFiルータを無制限プランで3日間レンタルした場合いくらになるんでしょうか?

空港での受け渡し・返却手数料550円と一番安い補償オプション「安心パック」220円/日を加算しますと、合計金額は6,790円なります。

グローバルWiFi


・グローバルWiFiのマカオ向けプランは4種類。

・4G速度の高速通信が利用可能。

・グローバルWi-Fiの場合安心補償の加入は必須になっています

・国内の17空港、34ヶ所のカウンターまたは宅配でルーターの受け取りと返却が可能です。

通常プラン 300MB/日1,170円/日
大容量プラン 600MB/日1,370円/日
超大容量プラン 1.1GB/日1,570円/日
容量無制限プラン2,270円/日

こちらも、無制限プランで3日間レンタルした場合いくらなのか?

通信量2,270円/日に空港での受取手数料550円補償プランライトプラン」500円/日を3日間の利用で計算しますと、合計金額は8,410円です。

WiFiBOX by Telecom Square


WiFiBOXからは、マカオ向けに3つの通信プランを提供しています。

国内の6つの空港、JR東京駅とJR新宿駅の周辺でルーターの受け取りと返却が可能です。

受取手数料は無料。

あんしん保証プランは1種類のみの220円/日で、サービスへの加入は任意です。

500MBプラン490円/日
1GBプラン890円/日
無制限プラン1,090円/日

例に、無制限プランで3日間レンタルした場合いくらなのか見てみましょう。

通信量:3,270円

受取手数料:0円

あんしん保証: 600円

合計金額:3,930円です。


ご覧いただきますと、3社とも似たような料金プランを用意しています。

どれを選ぶかは、モバイルルータの持続時間、ご希望の受取り方法やオプションサービスの有無などによります。


もし、スマホを2台持ち込む予定であれば、それぞれにeSIMを入れてもポケットWiFiより安価です。

通信費を節約したい方は、eSIMを検討してみる価値はあります。

マカオで携帯のネット利用はeSIMが使いやすい

eSIMとは?

スマホ端末内に製造時にあらかじめ搭載されたSIM機能のことを「eSIM」といいます。

SIMカードをデジタル化したようなものと考えれば良いです。

eSIM機能は、一部のハイエンドモデルのスマホに搭載されています。 

そのため、eSIMでモバイル回線の契約を行うには、eSIMに対応したスマホ「eSIM対応機種」が必要になります。

白人男性 スマホ QRコード eSIM 

eSIMで何ができる?

eSIMに対応した携帯では、SIM契約手続きや設定は、すべて遠隔で行えるところが最大のメリットになっています。

SIMカードの場合、SIMトレイにピンを差し込んで、契約中のSIMを取り外し、旅行用SIMを挿入するという手間がありました。

eSIM対応スマホでは、QRコードを使ってeSIMプロファイルを端末にダウンロードします。

なので、カードを挿入する手間を省けられるのです。

eSIM対応携帯のもう一つのメリットは、デュアルSIM機能により、2つのSIMを1台のスマホで使うことができます。

日本のSIM海外eSIMの両方をスマホに保有することができ、必要に応じて2つの回線を使い分けることができます。

この特徴が海外旅行で大活躍する理由です。

マカオeSIMなら、Holafly(オラフライ)がおすすめ!

マカオで使える、使いやすい通信手段をお探しなら、データが使い放題のHolafly「マカオ向けeSIM」がおすすめです。

eSIMプランは、8種類の使用日数から選べられ、データ量はすべて無制限です。

面倒な会員登録や身分証明書の提示は一切なく、プランを選んだら決済するだけ!

商品も購入した数分後にはメールに届くので、楽々です。

Holafly オラフライ 海外eSIM データ無制限 アジア 即日利用

マカオでSIMカードよりもオラフライeSIMを使うメリット・デメリット 

⭕ 購入当日に利用が可能
⭕ データ容量が無制限
⭕ 分かりやすい設定手順
⭕ 安心のサポート体制
△ eSIM対応機種のスマホが必要
△ SMS・通話が不可
△ テザリング不可

Holafly「マカオ向けeSIM」の料金

HolaflyのマカオeSIMプランは、幅広い使用日数で用意しています。

データ無制限プラン料金
5日間2,400円
7日間3,400円
10日間4,400円
15日間5,700円
20日間6,900円
30日間8,400円
60日間10,400円
90日間11,900円
表1. Holafly eSIM データ通信専用プラン 料金プラン 

💬 前述したように、2台のスマホでeSIMを利用した場合、WiFiのレンタル料よりも割安になります。

5日間の無制限プランをスマホ2台それぞれで使う場合、料金は4,800円のみ

レンタル料、補償サービス料やその他事務手数料などはございません。

パソコンをご利用にならない限り、モバイルWiFiではなくても、eSIMで簡単に通信環境を確保できます

Holafly eSIMを購入する前に確認すべき点3つ

マカオで使えるオラフライのeSIMをスムーズに利用するには以下の点を確認しましょう⚠。


▢ ご利用中のスマホがeSIM対応機種であり、SIMロック解除済み、またはSIMフリー端末であること

▢ eSIMを受け取るために、メールアドレスを持っていること (※キャリアメールではなくフリーメールのアドレスを登録しましょう)

▢ インストールする際には、あらかじめネットに接続できる環境にいること


Holafly 「マカオeSIM」の通信エリア

マカオeSIM」は、マカオ現地の携帯キャリア「Hutchinson/3(スリー)」通信綱に接続します。

以下の地図を見ていただくと、マカオ全土でLTE回線のデータ通信が利用できることが分かります。

Hutchinson/3 マカオ内サービスエリアマップ

マカオ eSIM オラフライ Hutchinson 3 通信会社 通信エリア 
Hutchinson マカオ内サービスエリアマップ 引用元:GSMA

マカオeSIMとレンタルWiFiの比較

eSIM・
モバイルWiFi
会社
データ
プラン
料金
Holafly eSIM5日間
無制限
2,400円~
イモトのWiFi3日間
無制限
6,790円
グローバルWi-Fi3日間
無制限
8,410円
WiFiBOX3日間
無制限
3,930円
eSIM・モバイルWiFi データプラン 比較表

まとめ:マカオ旅行にはWiFiレンタル?それともeSIM?

ここまで、マカオの無料WiFi事情・レンタルWiFiの料金プラン3つをご紹介しました。

合わせて、話題の新SIM規格「eSIM」のマカオ向けデータプランも紹介しました。

いかがでしたか?

スマホ以外のデバイスを利用する場合は、複数端末の接続ができるモバイルWiFiのレンタルが合理的です。

スマホを数台持ち込むなら、マカオ向けの無制限eSIMを購入したほうが通信費を安く抑えられます。

ネット上で購入できて、Eメールで受け取れるので、とても手軽。 

困った際には、日本語対応のカスタマーサポートを用意しています。

次回のマカオ旅行には、Holafly(オラフライ)eSIMも検討してみてください!

マカオ 聖ポール天主堂跡 旅行 スマホの利用 おすすめ マカオeSIM データ無制限