コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

北アメリカ旅行でスマホを使う方法:おすすめの通信手段を徹底解説

アメリカ、メキシコ、カナダへの旅行でインターネットに接続するために利用できる選択肢についてお伝えします。eSIM、SIMカード、ローミング、ポケットWiFi、無料WiFiのメリット・デメリットについて紹介。

shiery

5月 27, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 37.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

北アメリカ(北米)旅行でインターネットに接続できれば、アメリカ合衆国、カナダそしてメキシコの観光スポットをより楽しむことができるはず!しかし、どのような接続方法があるのか?どのくらいの費用がかかるのか?など、分からないこともあると思います。

でも、ご安心ください!この記事では、北アメリカ旅行でネットを利用するために知っておくべき情報をわかりやすく説明していきます。

最新技術のeSIMを始め、プリペイドSIMカード、ポケットWiFiなど、様々な接続方法のメリットとデメリット購入方法をご紹介します。これらを比較してみて、ご自身に最適なオプションを選択し北アメリカ旅行を楽しみましょう!

さらに、以下では、eSIMを使用してモバイルデータを取得する方法から購入時に使える割引クーポンまで!

北アメリカでのインターネット接続

5%OFFクーポンコード【MYESIMNOW5】を使って、世界中のどこからでも購入できるHolaflyの北アメリカ向けeSIMをゲットして、QRコードをメールで簡単受信!

インターネットに接続して、より素敵な旅行ライフを満喫しましょう。

北アメリカ向けeSIM スマートフォン データ通信 Holafly
北アメリカ向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう! 引用元: Holafly公式サイト

北アメリカでのインターネット事情について、この後も解説していきますのでお見逃しなく!

北アメリカでインターネットに接続する方法

海外旅行の際は、観光地までの経路やレストランなどを確認する機会も増えますよね。特に、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコでインターネットを利用するためには様々な選択肢があります。eSIM、SIMカード、ローミング、ポケットWi-Fiそして無料Wi-Fiがあり、各オプション特性、利用期間、価格、購入方法などが異なります。

これらのオプションは、eSIMやポケットWiFiのように旅行前にオンラインストアで購入するか、プリペイドSIMカードのように旅行先で空港やショッピングモール内にある通信事業者の実店舗で購入するかの2つの購入方法があります。必要性や利用方法を考えながら、ご自身に合った最適なオプションを選びましょう。

北アメリカ向けeSIMの知っておくべきこと

まずはeSIMについてご紹介していきます。eSIMはSIMカードの進化版です。スマートフォンにすでに組み込まれているチップで、SIMカードを端末本体に抜き差しをする必要はありません。旅行に出発する前でも、日本にいながらオンラインで購入できます。

操作は従来のSIMカードと同様ですが、違いはデータSIMであるため、アナログ通話やSMSメッセージは含まれていないことです。しかし、LINEやSkypeなどの通話可能のアプリを利用することで通話は可能ですのでご安心ください。

💡 eSIMを購入する前にご自身の端末が対応しているか、eSIMに対応する携帯端末でご確認ください。

Holaflyの北アメリカ向けeSIM

北アメリカ向けの海外eSIMを使用すれば、アメリカ合衆国、メキシコ、カナダに到着してすぐにインターネットに接続することが出来ます。

購入後すぐにeSIMが届くので、各国の空港でプリペイドSIMカードを探し、購入する時間を省くことが出来ます。

また、インストールとアクティベーションはとても簡単なんです!

旅行先の大手通信事業者の回線を利用し、快適なネット環境を入手することができます。

北アメリカ向けeSIMのメリット

  • アメリカ、カナダ、メキシコの3ヶ国で利用可能。
  • データが使い放題:追加料金を払う必要はありません。
  • テザリング機能が使えて他の端末とインターネットを共有できます。
  • 旅行前からオンラインストアで購入することができます。
  • QRコードをスキャンして設定しておけば、現地到着後すぐにネットに繋がります。
  • LINEの設定はそのまま。旅先でも家族や友達といつも通り連絡を取り続けることができます。

北アメリカ向けeSIMの料金

Holaflyの北アメリカ向けプリペイドeSIMは、事前に利用期間・料金を把握できるので、旅行前に準備をすることができます。

また、渡航先で面倒な手続きや帰国後の高額請求の心配など、余計な時間を使う必要がなくなりますよ。

利用期間データ容量料金
5日間無制限¥3,400
7日間無制限¥4,400
10日間無制限¥5,700
15日間無制限¥6,900
20日間無制限¥8,400
30日間無制限¥10,400
60日間無制限¥17,900
90日間無制限¥26,900
Holaflyの北アメリカ向けeSIMは、円やドルなどで支払いが可能です。

eSIMの設定方法 ‐ Holafly

Holaflyの北アメリカ向けeSIMの購入が完了したら、さっそくeSIMを設定しましょう。ここでは、2つのアクティベーション方法を解説していきます。まずは、iPhoneでQRコードをスキャンして設定する方法を解説していきます。

インストールとアクティベート方法は動画でも確認できます。

インストール方法

1.eSIMのデータプランを追加

  • 「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

2.QRコードまたは手動でeSIMをインストール

  • Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。
  • 手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

3.eSIMの名前を変更

  • eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力する。(例、Holafly – 北アメリカ)

4.主回線をデフォルト回線に設定

  • 通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

5.iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

  • iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップします。

6.Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

  • APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。
  • 要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

7.APN設定を確認

  • APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。
  • Holaflyの公式サイト(Holafly)で、「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認。

8.必要に応じて、APN設定を更新

  • 「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由。

アクティベーション方法

1.eSIMをアクティベートする

  • お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。
  • eSIMを主回線として設定するには: お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。
  • 注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

2.eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

  • eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認可能。
  • アクティベートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進み、「eSIM」を選択し、データローミング欄をオンにする。

公式アプリから設定する方法

HolaflyのeSIMは公式アプリからも購入できます。こちらの記事を読んで、快適なインターネットに繋がった旅を楽しみましょう。

北アメリカ向けSIMカードを現地で購入する方法

空港で携帯を設定する女性

北米向けインターネット接続方法を事前に準備出来なかった場合、またはeSIMと互換性がない携帯端末をお使いの場合、現地で入手するオプションもあります。プリペイドSIMカードは、携帯キャリアによっては、無制限データ、他のデバイスとデータを共有などのサービスを提供しています。これらのカードは、各国の空港、ショップ、公式販売店などで見つけることができます。

現地で購入する際のデメリットとしては、普段使っているSIMカードを抜き、購入したのを差す必要があるため紛失や破損のリスクがあります。また、購入できる店舗を見つけるまでは、インターネット無しで行動しないといけません。

SIMカードのより詳しい情報はこちらの記事ご覧ください。以下で、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコで購入できる通信事業者を紹介します。すべてのプランがこの3つの国全てで使用できるわけではありませんのでご注意ください。

アメリカ合衆国で購入できるプリペイドSIMカード

  • T-Mobile (ティー・モバイル)米国内での通話・SMS、そしてモバイルデータが無制限のSIMカードを用意しており、月に50ドルと60ドルからお選びいただけます。また、月に5ドル払えば通話・SMS・4G速度で5GBまでモバイルデータがカナダ、メキシコで利用できます。
  • AT&T Mobility(エイティーアンドティー・モビリティー月額制のプリペイドプランで、無制限の通話、SMS、モバイルデータがアメリカ合衆国、カナダ、メキシコで利用できます。月に50ドル(約6,870円)と、12か月の契約で300ドル(約41,230円)を前払いすれば月に25ドル(約3,440円)の2つのプランがあります。

カナダで購入できるプリペイドSIMカード

  • Bell Mobility(ベル・モビリティプリペイドSIMカードは、公式ショップ(ベストバイ、セブンイレブン)、ウェブサイトなどで購入・チャージが可能です。無制限の通話・SMSとモバイルデータ量が異なる(500MB、2.5GB、4.5GB、8GB) プランがあります。お使いの携帯電話がBell Mobilityと互換性があるかどうかを確認する必要があります。また、購入したプランをキャンセルするには、カスタマーサービスに電話するか、オンラインで行う必要があります。
  • Rogers Wireless(ロジャースワイヤレスこの会社はカナダを代表する通信事業者で、もちろん、カナダ滞在中にインタネットを利用できるよう多くのプランを提供しています。プリペイドSIMカードは、WalmartやBest Buy、公式販売店、またはeBayやAmazonなどのオンラインショップで購入できます。カナダ国内での無制限通話・カナダ、アメリカでのSMS無制限の受信、送信・データ量が異なる(500MB、2.5GB、4.5GB、8GB) モバイルデータプランがあります。

メキシコで購入できるプリペイドSIMカード

  • Movistar México(モビスター・メキシコ):この会社は、主に中南米やヨーロッパの一部でサービスを提供している通信事業者です。メキシコでも大手通信事業者で1つであり、色々な短期間滞在者向けのプリペイドSIMカードプランを提供しています。無制限の国内通話・SMSはすべてのプランに含まれており、モバイルデータ量(100MBから5GBまで)と利用日数(1日から30日間まで)が異なります。SIMカードはスーパーや公式ショップで購入できます。
  • Telcel(テルセル): 短期旅行者のためにAmigo sin límiteというプランを提供しています。メキシコ、アメリカ、カナダで通話・SMSが無制限と50MBから6GBまで選べるモバイルデータが含まれたプランを10ドル (約1,360) から購入することができます。

空港で購入できるSIMカード

アメリカ合衆国、カナダ、メキシコの多くの国際空港では、紹介した大手通信事業者が提供する観光客向けのプリペイドSIMカードを購入することができます。

  • アメリカ合衆国:ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港、ニューアーク・リバティー国際空港、マイアミ国際空港
  • カナダ:バンクーバー国際空港、トロント・ピアソン国際空港、ビクトリア国際空港
  • メキシコ:メキシコシティ・ベニートフアレス国際空港カンクン国際空港グアダラハラ国際空港

ローミングを利用して北アメリカでインターネットに接続する方法

ローミングとは、携帯電話会社が提供するサービスで、日本以外での通話、テキストメッセージ、モバイルデータを利用することが出来ます。このサービスが非常に便利であることは間違いありませんが、紹介している選択肢の中で最も高額なオプションです。普段利用しているプラン料、ローミング料など様々な料金を払うことになるので月末の高額請求に驚かないよう事前に確認しましょう。

以下の比較表では、日本の大手通信事業者が提供しているローミングサービスのプランと料金表です。アメリカ合衆国、カナダ、メキシコの3つの国で利用できるサービスは無いので、各国用に支払う必要があります

通信事業者データ量価格利用期間備考
NTTドコモアメリカ、カナダ (7日間にプランはメキシコは対象外)契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。¥11,54015日間(7日間のプランをx2 + 1日のプラン)7日間が最大日数なため、利用し続けるには更新する必要がある。
au by KDDIアメリカ、カナダ、メキシコ契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。¥14,70015日間
(1日あたり980円)
アプリをダウンロードする必要がある。
最大8日間、使い続けるには更新する必要がある。
ソフトバンクカナダ、メキシコ(このプランはアメリカ合衆国は対象外)契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。¥14,70015日間
(1日あたり980円)
特定のプランに申し込みすること。
ウェブ使用料、4Gデータ通信基本料または、対象料金プランに加入していること。
日本の携帯キャリア別国際ローミングサービスの料金表。

北アメリカでポケットWi-Fiを利用してインターネットに接続

レンタルwifi端末

ポケットWiFiは、インターネットに接続するための端末です。大きなメリットは、どこにでも持ち運べ複数のデバイスを同時に接続できること。

旅行中に仕事をする必要がありノートパソコンやタブレットでもインターネットを利用する必要がある場合には便利です。

しかし、デメリットもあります。それは、機器のレンタルや購入量、機器のデータプラン料、破損・盗難て・紛失の際に発生する追加料金などがあることです。そのため、購入前にこれらの価格を予算に考慮するのをおすすめします。

グローバルWifi

「アメリカ特別エリアプラン」は、アメリカ合衆国・ハワイ・アラスカの組み合わせが対象になっており、アメリカ・メキシコ・カナダの組み合わせでは提供していません。そのため、各国用にポケットWiFiをレンタルする必要があります。4G回線速度のパケット定額制プランを提供しており、受取り・返却は宅配便や全国17の空港ですることができます。

アメリカ合衆国向け / カナダ向け

  • 300MB/日の通常プラン:1,170円
  • 600MB/日の大容量プラン:1,470円

メキシコ向け

  • 300MB/日の通常プラン:1,670円
  • 600MB/日の大容量プラン:1,870円

イモトのWi-Fi

「北米・ハワイ周遊プラン」はアメリカ合衆国・カナダ・ハワイ・アラスカが対象国になっており、メキシコでは利用できません。こちらも、各国用にポケットWiFiをレンタルする必要があります。受取りは宅配、渋谷にある本社または、空港カウンターから選べます。受取り可能な空港は、成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港です。

アメリカ合衆国向け

  • 通常プラン(500MB/日):1,560円/日
  • ギガプラン(1GB/日):1,860円/日

カナダ向け

  • 通常プラン(500MB/日):1,460円/日
  • ギガプラン(1GB/日):1,660円/日

メキシコ向け

  • 通常プラン(500MB/日):1,660円/日
  • ギガプラン(1GB/日):1,860円/日

北アメリカで無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

無料WiFiは魅力的に見えるオプションですが、デメリットが沢山あります。まず、大人数が同時に利用するため接続品質が悪いです。また、最もおすすめ出来ない理由がこれらのネットワークからのデータを不正に使用するインターネット詐欺などの被害にあう可能性が非常に高いことです。

北アメリカでは、主要都市の空港、駅、書店、カフェ、ショッピングモールで無料WiFiを提供しています。また、マクドナルドやスターバックスなど大手飲食チェーン店でも利用できます。利用制限が掛かっていたり、登録する必要があったり、各スポットで規制が異なりますので注意しましょう。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

この記事を読んで、北アメリカへ旅行する際どのようなインターネット接続方法があるか知ることが出来たと思います。紹介した中で、1番おすすめのオプションはeSIMです。自宅からオンラインストアで購入数分で設定ができ、現地に到着した瞬間からインターネットを利用できる魅力があります。

eSIMの購入前に、以下のeSIMの使用要件を確認しましょう。

  • スマホがSIMロック解除されている状態であること。
  • eSIMに対応した携帯端末を持っていること。
  • 登録、そしてQRコードを受信できるEメールアドレスを持っていること。
  • eSIMのアクティベーション時にあらかじめインターネット接続が可能であること。

北アメリカで利用可能なネット回線速度

ほとんどの場合、HolaflyのeSIMは、現地のデータ回線と同じ最大速度である4G LTEの通信を提供しています。

北アメリカ向けeSIMは、各国内で大手通信事業者の回線に接続します。アメリカ合衆国では「AT&T USA(エイティーアンドティー・アメリカ)」の回線、カナダでは「Rogers (ロジャース)」の回線、メキシコでは「Movistar México (モビスター・メキシコ)」の回線を使用しています。以下の北アメリカ内での通信対応エリアを地図で確認してみましょう。

AT&T USA アメリカ合衆国内でのサービスエリア

北アメリカ インターネット 接続 AT&T USA 回線速度マップ
AT&T USA アメリカ合衆国内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

Rogers カナダ国内でのサービスエリア

北アメリカ インターネット 接続 rogers 回線速度マップ
Rogers カナダ国内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

Movistar México メキシコ国内でのサービスエリア

北アメリカ インターネット 接続 movistar 回線速度マップ
Movistar México メキシコ国内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

北アメリカでおすすめのネット接続方法

おすすめのネット接続方法を発表

ここまで北アメリカでインターネット接続方法をご紹介しました。どのような選択肢にもメリットとデメリットがあることを知ることができたでしょうか。

すべてのオプションを比較したとき、利用期間、価格、購入、設定方法を考慮するとHolaflyの北アメリカ向けeSIMがベストなオプションであることが分かります。

SIMカードを携帯端末から取り出すのは不要なため、紛失の心配がいりません。また、アメリカ合衆国、カナダそしてメキシコ、3カ国で快適なネット環境を1つのeSIMを購入・設定するだけで入手可能です。各国に到着後、現地でSIMカードを探す時間を省くことができ、より旅行を楽しむことができます。

ご自身のニーズにあった接続方法を選び、アメリカ合衆国、カナダそしてメキシコでの北アメリカ旅行を楽しみましょう!

北アメリカ向けeSIMに関するよくある質問

最後に、Q&Aによくある質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

北アメリカではどのような接続方法がありますか?

日本のキャリアが提供するローミング、現地のプリペイドSIMカード、ポケットWiFi、街中の無料WiFiスポットなど、インターネットに接続する方法はいろいろあります。なかでも1番のおすすめはHolaflyの北アメリカ向けeSIMです。簡単に購入・設定ができ、日本語でのカスタマーサポートにも対応しています。

北アメリカ向けeSIMを購入する際は、アカウントを作成する必要はありますか

HolaflyのeSIMを購入する際は会員登録をする必要はありません。QRコードを受信するためのEメールアドレスを入力するだけです。

国際データローミングとは?

日本で契約している通信事業者のサービスエリア外(海外)にいても、現地の通信事業者のネットワークを使ってデータサービスを受け続けることが出来るサービスです。データローミングを利用するには、携帯端末の設定でこのオプションを有効にする必要があります。このサービスのデメリットは非常に高額であることです。また、対象のプランを利用していることや特定のパケットに加入することなど、様々な手続きを行う必要がある場合があります。