コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

【タイ旅行】スマホのネット利用方法5つご紹介!

タイのインターネット事情を徹底解説!タイ旅行で利用できる海外eSIMやレンタルWiFiなど、様々なネット接続サービスの料金プランをご紹介。

Saori

5月 27, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

次回の旅行にタイへ行く予定の人は必見!タイでベストなインターネットに接続する手段をいくつかご紹介します。

タイ各地を巡るならGoogle マップは欠かせないですし、SNSのチェックもしたいですよね。さらには、ビデオ通話やLINEも自由に使うことができれば、快適な旅行になるはず。

本記事では、eSIMを含むさまざまな選択について詳しく解説し、バンコク滞在中に無制限のインターネット接続を確保する方法を詳細にご紹介します。

現代の旅行者にとって、インターネットは不可欠なツールですが、どのプランが最適なのかを知ることは重要です。

以下では、eSIMを使用してモバイルデータを利用する方法から購入時に使える割引クーポンまで!

タイ旅行にはeSIMが便利!

\QRコードで簡単設定?/

【読者限定】5%OFFクーポン進呈中

クーポンコード:MYESIMNOW5

タイでインターネットに接続する方法

タイでインターネットを利用する主な方法は、プリペイドSIM海外データローミング無料Wi-Fiの3つがあります。

近年では、新しくeSIMポケット型Wi-Fiが加わりました。

それぞれの海外ネット接続サービスは、ほとんど渡航先の空港や街中にある店舗、または公式オンラインショップから入手できます。

結論から言いますと、安心を求めるなら出国前にネット上で購入できるSIMカードやレンタルできるWiFiルーターという選択肢があります。ただ料金高い傾向にあります。

コスパを重視するなら、オンラインで販売される海外eSIMや現地でSIMカードを購入したほうが断然お得です

タイ旅行にはeSIMが断然便利!

eSIMはネット接続方法の中でも、一番旅行に適しています

対応している携帯端末さえあれば利用可能なタイ向けeSIMは、手軽でお得

eSIMは、デジタル化したSIMなので、SIMチップの入れ替え作業は不要で、高品質のネットに接続できる仕組みになっています。

また、ネット上で販売されていることが多いため、日本を出発する前から旅行先で利用できるeSIMプランを購入できます。

Holaflyのタイ向けeSIM

HolaflyのeSIMは、プリペイド式プランを取り扱っており、現地の大手キャリア2社「True 」の回線を利用してデータ通信サービスを提供しています。

現地では4G・5G回線に接続が可能です。

また、1日間から90日間、必要な使用日数をご自身で設定できます

3日間の弾丸でも3か月間の語学留学にもピッタリなプランを購入できます。

タイ向けeSIMのメリット

  • ネットが使い放題
  • 4G/LTE回線につながる
  • 1日単位で使用日数を選べる
  • eSIMはEメールで受取り、即日利用可

タイ向けeSIMの料金

ご参考までに、日数ごとの料金を以下の表でまとめました。

データ無制限プラン料金
1日¥700
3日間¥1,400
5日間¥2,300
15日間¥5,700
20日間¥6,900
30日間¥8,400
90日間¥15,700
Holaflyのタイ向けeSIMは、円とドルで支払いが可能です


eSIMの設定方法 ‐ Holafly

eSIMの設定方法は、2つあります。1つ目は、送信されたQRコードを読み取って設定する方法、2つ目は公式アプリを通じて設定する方法です。まずはiPhoneでQRコードを使ったインストール方法を見ていきましょう。

設定方法はこちらの動画からも確認できます。

インストール方法

eSIMのデータプランを追加

「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

QRコードまたは手動でeSIMをインストール

Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。

手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

eSIMの名前を変更

eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力する。(例、Holafly‐タイ)

主回線をデフォルト回線に設定

通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」をタップ。

iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップ。

Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。

要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにします。

APNの設定を確認

APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。

Holaflyの公式サイト(Holafly)の「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認できます。

必要に応じて、APN設定を更新

「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由です。

アクティベーション

eSIMをアクティベートする

お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。

eSIMを主回線として設定するには:お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。

eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認可能。

アクティべートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進んで、「eSIM」を選択。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

ここまで、eSIMは従来のネット接続手段に比べると断然お得で手軽なのがお分かりいただけたでしょうか。次のタイ旅行を機に、eSIMを利用してみるのものいいかもしれません。では、スマホがeSIMと正しく利用するためには、いくつかの要件を満たしていることが必須です。

  • お手持ちのスマホがSIMフリー端末であること
  • お手持ちのスマホがeSIMに対応していること
  • eSIMの登録と受け取りには、有効なEメールが必要
  • アクティベートにはあらかじめインターネットに接続する必要有

タイSIMカードを現地で購入する方法

タイ現地でSIMカードも購入するという選択もあります。SIMカードは通常、コンビニ、デパート、オンラインショップなどで購入が可能で、現地の携帯キャリアが提供しているSIMは、空港を含め、取扱店舗が様々な場所にあります。

現地で購入すると、英語で対応してくれるところは少ないそうです。そのため、語学に不安がある方は要注意です。

SIMカードを提供している3つのプロバイダーをご紹介します。

AIS「Traveler SIM」 

AISは旅行者向けデータ通信専用SIMを提供しています。AISの3種類の旅行用SIMカードプランは、すべて5G回線に接続が可能で、一部のSNSの利用が使い放題になっており、通話やSMSも15バーツ分利用できます。購入は主に空港にある店舗で可能です。

8日間プランは、15GBのデータ容量が含まれており、料金は299 バーツ(約1,200円)。次に、15日間プランには、30GBがついてが599バーツ(約2,300円)。そして30日間プランは、300GBの大容量で、1,250バーツ(約4,900円)です。

Dtac「Happy Tourist SIM」

広範囲のサービスエリアで高品質の通信サービスを提供しているDtac。「Happy Tourist SIM」という、旅行者用のSIMカードは、主に空港での店舗や、現地のコンビニで購入することができます。Dtacは、有効期限が8日間と15日間の2種類のプランを販売しており、こちらも15バーツ分の通話が付いています。それぞれのデータ容量と料金は、15GBが299バーツ(約1,200円)と30GBが599バーツ(約2,300円)です。

TrueMove H 「Thailand Tourist」

現地で有名なこのキャリアは、主に空港に店頭販売があり、旅行者にとっては到着直後に簡単に購入できるようになってます。他にも自動販売機やコンビニからも入手できます。Thailand Tourist SIMには、3つのデータプランが用意されています。すべて、5G/4G回線に接続し、SNSの使い放題、国内外の通話、フリーWi-Fiが利用できるプランになってます。

1日プラン:49バーツ(約200円)

16日プラン:299バーツ(約1,200円)で15GBのデータ容量が利用可能

30日プラン:599バーツで(約2,300円)で30GBのデータ容量が利用可能

SIMカードが購入できる国際空港

タイの大手キャリア3社、AIS・DTAC・TrueMoveが旅行用プリペイドSIMカードを提供しています。これらのSIMは、主に以下の国際空港で見つけられます。

  • スワンナプーム国際空港:こちらの空港の2階の到着フロアでAIS・DTAC・TrueMoveのSIMが購入できます。購入方法は希望のSIMを店員に伝えて、SIMを挿入してもらえばで完了です。
  • ドンムアン国際空港:こちらの空港でもAIS・DTAC・TrueMoveの3社の販売カウンターが到着ゲートを出たところにあります。

タイでローミングを利用してインターネットに接続する

既にご存じかと思いますが、ローミングサービスの料金は割高です。以下の表で、日本大手キャリアの海外ローミングプランをまとめました。他のネット接続手段と比較すると、料金は利用期間とデータ容量のわりに高い傾向にあるのがお分かりいただけると思います。こうして全体的にみると、やはりeSIMプランがお得です。

通信事業者データ量価格利用期間備考
au by KDDIデータ無制限14,900円5日間「海外ダブル定額」の利用には、事前は申し込みは不要。端末内データローミングを有効にするだけです。
NTTドコモデータ無制限14,900円5日間国際ローミングを使用するには、WORLD WINGへのお申し込みが必要になります。ホームページから適用する契約プランを確認しましょう。
ソフトバンクデータ無制限14,900円5日間「海外パケットし放題」の利用には、事前申し込みは不要。My SoftBankの「世界対応ケータイ」から利用・設定方法の詳細を確認しましょう。
日本キャリア別国際ローミングサービスの料金表

タイでポケットWi-Fiを利用してインターネットに接続

ポケットWiFiは、持ち運びできる小型なWi-Fiルータです。この通信機器は、独自のアクセスポイントがあるため、どこにてもインターネット接続が可能です。高額なローミングサービスの代わりに利用できるもう一つの手段となっていますが、SIMカードに比べると、まだ割高です。これは、料金プランとは別途で通信端末のレンタル料金と送料も支払わなければならないからです。例えば、5日間の旅で利用すると価格は合計で1万円前後になります。

イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fiは、タイの13の都市で利用できるレンタルプランを3つ提供しています。受取りは宅配、渋谷にある本社または、空港カウンターから選べます。受取り可能な空港は、成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港です。

大容量プラン(500MB/日):1,160円
ギガプラン(1GB/日):1,360円
無制限プラン(使い放題):2,060円

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiが提供するレンタルWiFiは、4G回線速度のパケット定額制プランです。受取りは、宅配便や全国17の空港で可能です。

300MB/日の通常プラン:1,170円
600MB/日の大容量プラン:1,370円
1.1GB/日の超大容量プラン:1,570円
データ容量無制限プラン:2,270円

WiFiBOX by Telecom Square

Wi-Ho!のサービス終了をもって、リリースされたWifiBOXは、タイ向けプランを3つ提供しています。受取りと返却は成田空港・関西空港をはじめ、全国の主要空港で可能です。他にも、東京駅の八重洲口改札のコンビニでも受取りが可能です。

500MBプラン:390円/日
1GBプラン:690円/日
無制限プラン:1,780円/日

タイで無料WiFiを利用してインターネットに接続する

旅程をしっかり立てる人、旅行でスマホの利用を最小限に抑えれる人は、有料のネット通信サービスを購入する必要はないでしょう。しかし、ふとした時に簡単な調べものをする必要があれば、無料Wi-Fiスポットを利用することで十分かも知れません。空港や駅、観光地、病院など、街の所々に設置されており自由に使用可能です。

ただ、公共の無料Wi-Fiを利用する際の注意すべきなのはセキュリティー面です。フリーWi-Fiは、パスワードが設定されていないため、利用中に第三者に個人情報などを盗み見られる可能性が高いです。つまり、ウイルスやハッキングの被害にあう恐れがありますので、あまりおすすめはできません。

タイで利用可能なネット回線速度

タイ全土では高速通信5G回線が利用できます。

HolaflyのeSIMの場合、タイでローミング提携を結んでいる大手キャリアは「True」です。

以下でTrueの通信エリアを地図でチェックしてみましょう。

True 4G/5G回線 タイ国内のサービスエリアマップ


タイ オラフライ eSIM 通信綱 True 携帯キャリア 通信エリア
True タイ国内サービスエリア 引用元:Nperf

まとめ:海外でおすすめのネット接続方法

ここまで、様々なインターネット接続に関する選択肢を見てきました。

なかでも、一番おすすめなのは、やはりHolaflyのeSIMです。

理由は、無制限データプランをお得な料金で利用できるからです。

また、とても使いやすいと評価される点は、利用期間を1日単位からカスタマイズできるところです。

90日間の長期の利用まで、幅広い選択肢が用意されているので、旅行に適したものが必ず見つかります。

ギガ数の消費量を気にしないで、旅行が楽しめるのは、オラフライです。

タイ旅行に検討してみてはいかがですか。



タイでのインターネット接続に関するよくある質問

タイではどのようなインターネット接続方法がありますか?

利用できるネット接続サービスは、国際ローミング、SIMカード、ポケット型Wi-Fi、無料Wi-Fiスポットなどがあります。他にも、新しくタイ向けeSIMの人気が出てきています。eSIMは様々なプランがお手頃価格なので試す価値ありです。

タイでネットに接続するためのアジア周遊プランとは?

Holafly eSIMのアジア周遊プランは、アジア大陸の12か国でデータ通信が利用できます。各国で高いシェア率を誇る携帯キャリアの回線に接続しますので、高速なインターネット通信を楽しめます。アジアの各地を訪れる場合はこちらのプランがおすすめです。

国際データローミングとは?

契約先のキャリアのサービスエリア外にいても、旅行先の通信事業者のネットワークに接続し、継続してデータ通信ができるシステムです。

ひと昔前は、パケット単位(1MBや1KB)で通信料が設定されていて、高額請求が当たり前でした。今は大手キャリア各社が横並びに定額プランを提供しています。しかし、多くの場合、契約中の料金プランからデータ容量が消費されるので、帰国後はギガ不足になることがあります。また、月額のスマホ代+ローミング代を支払うことになるので、その月の請求金額は必然的に上がります。

それらを考えると、海外SIMカードやeSIMがおすすめです。プランの種類が幅広いので、ご自身の利用スタイルに合ったものが見つかり、ほかの手段に比べると断然安いのが特徴です。