コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

ミャンマーでのインターネット: 最適な接続方法とは?

Holaflyのミャンマー向けeSIMと他の接続方法を比較するために必要な情報を全てご紹介します。ご自身の好みとニーズに適した接続方法を選びましょう。

satomi

5月 26, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

ミャンマー旅行に行く予定なら、現地でのインターネット接続方法について知っておいて損はありません!

旅行中に安定したインターネット接続があれば、もちろんLINEを使用できますし、目的地までの経路の確認や、翻訳アプリなども利用することができます。

今回は、ミャンマーで利用できる様々な接続方法を徹底解説していきます。本記事を読み終わるころには、ご自身の好みとニーズに合った最適な接続方法を選べるはずです!さらに、人気旅行アイテムのeSIM(イーシム)のメリット、ネット接続方法、購入方法もご紹介します。嬉しい割引クーポンも!

ミャンマーでのインターネット接続

5%OFFクーポンコードMYESIMNOW5を使って、世界中のどこからでも購入できるHolaflyのミャンマー向けeSIMをゲットして、QRコードをメールで簡単受信!

インターネットに接続して、より素敵な旅行ライフを満喫しましょう。

ミャンマー向けeSIM スマートフォン データ通信 Holafly
ミャンマー向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly

ミャンマーのインターネット事情について詳しく解説するので、記事の最後までお見逃しなく!

ミャンマーでインターネットに接続する方法

ミャンマーでは、様々なネットに接続する方法があります。主に利用されているのは、国際ローミング、SIMカード、eSIM、ポケットWiFi、無料WiFiなどです。これらの接続方法には、それぞれの特徴、メリットやデメリットがあります。

現在、旅行者の間で注目を浴びているのはeSIMです。eSIMが注目されている理由は、簡単に設定と使用ができ、お手頃な価格で入手できるためでし。eSIMの人気の理由を理解できるよう、知っておくべき情報をご紹介します。

ミャンマー向けプリペイドeSIMの知っておくべきこと

eSIMは、SIMカードがデジタル化されたもので、最新のスマホにあらかじめ組み込まれています。そのため、SIMカードの差し替えが不要になり、旅行先でSIMカードを無くす心配がなくなりました。

eSIMの使用を検討されている場合は、まずはご利用中の端末がeSIMに対応しているかをご確認ください。対応しているなら、事前にeSIMをゲットし、海外でもネットを使用できる状況でいることをお勧めします。

Holaflyのミャンマー向けeSIM

HolaflyのeSIMは、ミャンマーの大手キャリアである「MPT」、「Ooredoo」、「Ncell」回線を使用しているので、高速データ通信を楽しむことができます。ミャンマー向けeSIMは、6GBのデータ量が含まれていて、15日間利用することができます。

ミャンマー向けeSIMのメリット

  • 旅行前からオンラインで購入可能
  • お申込み完了から最短即時開通
  • eSIMなら24時間(販売店によっては日本語で)サポートを受けることが可能
  • ローミングの使用や、公共のWiFiネットワークを探す必要はありません

ミャンマー向けeSIMの料金

利用期間データプラン料金
15日間6GB¥5,700
Holaflyのミャンマー向けeSIMは、円、ユーロ、ドルなどで支払いが可能です

eSIMの設定方法 ‐ Holafly

Holafly eSIMの設定方法は2つあります。Eメールに送信されたQRコードを読み取る方法と、Holaflyの公式アプリから設定する方法があります。どちらも簡単で、数分で行うことができます。

以下に、iPhoneでの設定手順を細かく記載しました。次の動画からもご確認いただけます。。

インストール方法

1.eSIMのデータプランを追加

「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

2.QRコードまたは手動でeSIMをインストール

Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。

手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

3.eSIMの名前を変更

eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力する。(例、Holafly -ミャンマー)

4.主回線をデフォルト回線に設定

通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

5.iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップ。

6.Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。

要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

7.APNの設定を確認

APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。

Holaflyの公式サイト(Holafly)で、「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認。

8.必要に応じて、APN設定を更新

「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由。

アクティベーション方法

1.eSIMをアクティベートする

お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。

eSIMを主回線として設定するには: お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。

注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

2.eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認可能。

アクティべートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進んで、「eSIM」を選択。

ミャンマー インターネット 接続 Holafly eSIM オンラインショップ
ミャンマー向けeSIM  引用元: Holafly公式サイト

公式アプリから設定する方法

Holaflyは、eSIMの購入と設定をよりシンプルにするため公式アプリを始めました。アプリの詳細については、こちらの記事をご覧ください。次の旅行で、快適なネット通信を楽しめるよう、是非Holaflyのアプリをお試しください。

ミャンマー向けSIMカードを現地で購入する方法

SIMカードは、長年旅行者の間で最も利用されていた接続方法です。これは、使いやすく、空港や公式ショップで簡単に入手でき、SIMカードを差し替えるだけで利用できるからです。

しかし、日本で契約されているSIMカードを紛失したりビルマ語のみでの対応日本での電話番号をミャンマーで使用できないなどのデメリットがあります。

ミャンマーでSIMカードを購入する際には、本人確認と住所を求められます。したがって、パスポートと宿泊されているホテルなどの住所をメモしておくことをおすすめします。下記に、ミャンマーの大手キャリアである「MPT」、「ATOM」、「Mytel」が提供しているプランを紹介します。これらのキャリアでは、データプランのみを提供している会社もあれば、SNSも含まれているプランがあります。

MPT

MPTでは、幅広いデータ容量のプランを提供しています。これらは、30日間利用でき、250MBから13030MBの中から選ぶことができます。

ATOM

ATOMは、2種類のデータプランを提供しています。230MBを7日間利用できるプランと、340MBを30日間利用できるプランから選ぶことができます。

Mytel

Mytelのプランは、SMSサービスが含まれていて、幅広いデータ容量からご自身に合ったプランを選ぶことができます。160MBから9,661MBのデータ通信プランがあります。

空港で購入できるSIMカード

MPT、ATOMまたはMytelのSIMカードは、ヤンゴン国際空港(RGN)とマンダレー国際空港(MDL)で購入できます。

ローミングを利用してミャンマーでインターネットに接続する方法

日本で契約されている通信事業者の国際ローミングサービスを利用すると、現地の通信事業者の回線に接続することができます。ローミングを利用するには、簡単な申し込みと設定を行うだけで、インストールや携帯の操作は不要です。

しかし、ローミングは他の接続方法に比べるとお高めで、正しくスマホを設定しないと別のサービス料などが請求されることがあります。また、日本で割り当てられたデータ容量を渡航先で消費するので、帰国後にデータ量が足りなく、追加料金を支払う可能性もあります。

この接続方法はあまりおすすめしませんが、ローミングの利用をご希望の場合は、ご利用されているキャリアの各料金をご確認ください。

ミャンマーでポケットWiFiを利用してインターネットに接続

ミャンマーでは、ポケットWiFiを使用することもできます。ポケットWiFiは、持ち運びできる小型WiFiルーターで、どこからでも安定したインターネットへの接続を可能とします

ご自宅のWiFiルーターとほぼ同じ機能を提供しているので、複数のデバイスが同時に接続できます。つまり、複数人で旅行される時、またはスマホだけではなく、ノートパソコンやタブレットからもインターネットに接続されたい時にとても便利です。

しかし、データプランだけでは無く、レンタル料、送料、場合によっては弁償金を支払う必要があるので、金額は割高です。

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、ヤンゴン、マンダレー、ネピドー、バガンでインターネット接続を楽しめます。WiFiルーターの受取と返却は、国内の主要空港にあるカウンターや宅配を依頼できます。

大容量プラン(500MB/日):1,160円/日
ギガプラン(1GB/日):1,360円/日
無制限プラン(使い放題):2,060円/日

グローバルWiFi

グローバルWiFiのルーターは、出国時と帰国時に国内の空港、36ヶ所にあるカウンターや宅配から受取と返却方法を選べます。

300MBの通常プラン:970円/日
600MBの大容量プラン:1,170円/日
1.1GBの超大容量プラン:1,370円/日
データ容量無制限プラン:2,070円/日

ミャンマーで無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

有料の接続方法の利用を避けたい方は、「無料WiFiのみで大丈夫だ」と思っているかもしれませんが、無料WiFiスポットを見つけるのは難しく、緊急時などにインターネットに接続できないのは不便です。

無料WiFiスポットは、主に空港、レストラン、カフェ、ホテルなどで見つけることができますが、大勢が同時に利用していると、ネットの回線速度が低下することがあります。

それに加えて、誰でも使えるネット回線なので、ウイルスやハッキングされ恐れがあります。無料WiFiの使用を検討されている場合は、事前に宿泊されるホテルのネット環境の品質を確認することをおすすめします。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

  • アクティベートする際には、あらかじめインターネットに接続できる環境が必要
  • eSIMの登録と受け取りには、有効なEメールが必要
  • お使いのスマートフォンがeSIMに対応していること
  • お使いのスマートフォンがSIMフリー端末であること

ミャンマーで利用可能なネット回線速度

ミャンマー旅行で、速度が遅かったり、不安定なネット回線は避けたいはずです。そのためにも、現地の通信事業者のサービスエリアマップを確認することが大切です。

HolaflyのeSIMを使うと、ミャンマーの大手キャリアである「MPT」、「Ooredoo」、「Ncell」の回線に接続できます。これらは、4G LTE回線を提供しているので、高速で安定したネットを楽しむことができます。

しかし、一部の都市では、ネットの回線速度が低下することがあります。旅行する前に、観光する都市のネット環境を確認しましょう。

MPT ミャンマー内のサービスエリアマップ

MPT スマートフォン カバー 範囲 地図 ミャンマー
MTP ミャンマー内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

Ooredoo ミャンマー内のサービスエリアマップ

Ooredoo スマートフォン カバー 範囲 地図 ミャンマー
Ooredoo ミャンマー内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

海外でおすすめのネット接続方法

これまで、5つのネット接続方法を紹介しましたが、eSIMが一番最適な選択肢だと既にお気づきかもしれません。eSIMを利用すると、時間と手間のかかる申し込み、スマホの操作、追加料金などを避けることができます。そして、自宅の快適さから購入することができます。

HolaflyのeSIMでは、高速かつ安定したネットに接続でき、24時間の日本語カスタマーサポートも提供しているので、初心者でも安心してeSIMを利用できるのでおすすめです。

ミャンマー向けeSIMに関するよくある質問

国際データローミングとは?

日本国内の通信事業者のサービスエリア外(海外)にいても、現地の通信事業者のネットワークに接続できるサービスです。しかし、非常に高額な接続方法なのでおすすめできません。

ミャンマーでネットを利用するには、どのモバイルネットワークに接続しますか?

Holaflyのミャンマー向けeSIMは、「MPT」、「Ooredoo」、「Ncell」回線を使用しています。

ミャンマーではどのような接続方法がありますか?

ミャンマーでは、国際ローミング、eSIM、SIMカード、無料WiFi、ポケットWiFiを利用できます。その中でも注目を浴びているのは、eSIMです。これは、簡単に購入と設定ができ、安定かつ高速なネットを利用できるため人気です。