コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

香港でのインターネット:最適な接続方法とは?

香港で最適なインターネット接続方法についてご紹介します。eSIM、SIMカード、ローミング、無料Wifi、ポケットWifiの特性、料金、メリット・メリットを解説します。

shiery

3月 8, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 39.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

香港への旅を楽しむには、インターネットは必要不可欠です。しかし、中国から香港へ飛行機での移動中、または香港へ着陸した際、現地でインターネットに接続するにはどうしたらよいか悩んでいませんか?旅行の前に情報を入手して、ネット事情を解決することが出来れば、きっともっと香港への旅行を楽しめるはず!

香港でのインターネット接続方法は、eSIM、SIMカード、通信事業者のローミング、無料WiFi、ポケットWiFiなど、いくつかの選択肢があります。 本記事では、様々なオプションの特性、そして購入先をご紹介します。あなたにぴったりのオプションを見つけましょう!

香港でのインターネット接続

5%OFFクーポンコード【MYESIMNOW5】を使って、世界中のどこからでも購入できるHolaflyの香港向けeSIMをゲットして、QRコードをメールで簡単受信!

インターネットに接続して、より素敵な旅行ライフを満喫しましょう。

香港 インターネット プリペイド 接続 旅行 オンラインショップ Holafly eSIM
香港向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly公式サイト

香港でのインターネット事情について、この後も解説していきますのでお見逃しなく!

香港でインターネットに接続する方法

これから紹介するインターネット接続オプションは、ネットショップや実店舗など、色んな方法で購入することができます。

この記事では、これらのオプションのメリットやデメリットなどもご紹介します。様々な選択肢を比較し、自分にあった最適なオプションを選びましょう!

香港向けeSIMの知っておくべきこと

eSIMとは、従来のデータSIMの仮想版で、スマートフォンなどのハードウェアにすでに搭載されています。そのため、スロットにカードを差し込む必要がないため、お使いのSIMカードを紛失する心配は不要です。

Holaflyの香港向けeSIMは、渡航前に購入でき、簡単に設定、そして快適なネット環境を手に入れることができます。購入を検討中でしたら、eSIMに対応する携帯端末をご覧ください。

Holaflyの香港向けeSIM

香港へ旅行する際は4G/LTEの通信速度で無制限のデータを利用できるHolaflyのeSIMがおすすめです。

5日間から90日間まで、7種類のプランからご自身の滞在期間にあったパッケージを選ぶことができ、現地の大手通信事業者の4G回線に接続するため、安定したネット環境をお楽しみいただけます。

1日500MBのテザリングが使えるのも便利。

旅行用eSIMの設定はとても簡単です。QRコードがメールですぐに届き、携帯端末でスキャンすると、香港ですぐにインターネットを利用することができます。

香港向けeSIMのメリット

  • 無制限のデータをシャッタウコク、シャムセン、シェクオーなどの観光地ではもちろん、全香港でお楽しみいただけます。
  • お申込み完了から最短即時開通されます。
  • 会員登録や定期契約をする必要はありません。
  • eSIMなら24時間(販売店によっては日本語で)サポートを受けることが可能です。

香港向けeSIMの料金

Holaflyの香港向けプリペイドeSIMは、事前に滞在期間にあったプランを購入し、簡単に設定、接続できる最も安全なインターネット接続方法です。

利用期間データプラン料金
5日間無制限¥2,400
10日間無制限¥4,400
15日間無制限¥5,700
20日間無制限¥6,900
30日間無制限¥8,400
60日間無制限¥10,400
90日間無制限¥11,900
Holaflyの香港向けeSIMは、円、ユーロ、ドルなどで支払いが可能です。

eSIMの設定方法 ‐ Holafly

香港向けHolafly eSIMの購入が完了したら、次はeSIMを設定しましょう。ここでは、iPhoneでの2つのアクティベート方法を解説していきます。まずは、QRコードを読み取って設定する方法を簡単に分かりやすく解説していきます。

インストールとアクティベート方法をはこちらの画像でも確認できます。

インストール方法

1.eSIMのデータプランを追加

  • 「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

2.QRコードまたは手動でeSIMをインストール

  • Eメールに届いたQRコードをスキャンする。
  • 手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly.com)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

3.eSIMの名前を変更

  • eSIMがインストールできたら、区別するために個人タグを入力する。(例、Holafly – 香港)

4.主回線をデフォルト回線に設定

  • 通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

4.iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

  • iMessageとApple IDを使い続けるために、「主回線」に変更し、「続ける」をタップします。

6.Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

  • APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。
  • 要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

7.APNの設定を確認

  • APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。
  • Holaflyの公式サイト(Holafly.com)で、「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認。

8.必要に応じて、APN設定を更新

  • 「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由です。

アクティベーション方法

1.eSIMをアクティベートする

  • お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。
  • eSIMを主回線として設定するには:お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。
  • 注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

2.eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

  • eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolafly.comから確認可能。
  • アクティべートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進んで、「eSIM」を選択。

公式アプリから設定する方法

HolaflyのeSIMは公式アプリからも購入できます。こちらの記事を読んで、快適なインターネットに繋がった旅を楽しみましょう。

香港向けSIMカードを現地で購入する方法

香港に到着後、現地でSIMカードを購入するという選択肢もあります。

SIMカードは、空港や1010、セブンイレブンなどで購入できます。

多くの会社が通話とメッセージのみのSIMカードを提供しており、中には着信に課金する会社もあるので注意が必要です。また、Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルネットワークを使用できるように、VPNを備えているかどうかも確認する必要があります。

現地で購入する際のデメリットとしては、普段使っているSIMカードを交換しなければならず、紛失や破損のリスクがあること、また、購入できる店舗へ行くまで、インターネット無しでいなくてはならないということです。SIMカードのより詳しい情報はこちらの記事ご覧ください。以下で、3つの現地のSIMカードプロバイダを紹介します。

China Mobile (チャイナ・モバイル)

China Mobileは、9億人以上の利用者を有する中国最大の携帯キャリアです。観光客向けのSIMは1種類のみで、約6600円のプランでは3GBのモバイルデータを3G/4Gの通信速度で利用できます。最大手の事業者として、全国に多くの店舗や充電ポイントを持っているため、契約しやすくなっています。ただし、欠点としてはFDDモードを使用しているため、海外の携帯電話との互換性の問題が多いこととテクニカルサポートは中国語と英語のみで行っていることが挙げられます。

China Unicom (チャイナ・ユニコム)

China Unicomは、9000万人以上のユーザーを持つ中国で第2位の通信事業者で、世界最大のネットワーク事業者の1つとして認識されています。1GBで約3320円、2GBで約4650円、3GBで約6000円、6GBで約10620円と、様々なデータ通信プランを提供しています。また、多くの海外の携帯端末との互換性があるのもメリットの一つです。しかし、VPNを搭載していないため、政府が制限しているウェブサイトやAPPにアクセスすることはできません。また、手続きを行う際に、パスポートがないとSIMカードは購入できず、英語でのテクニカルサポートがありません。

China Telecom (チャイナ・テレコム)

China Telecomは、中国で最も規模の小さい通信事業者でありながらも、香港で最も多く利用されている通信事業者の1つです。通信速度は速いが、通信エリアが狭いです。プランは、30日間のがあるので長期滞在を検討している人におすすめです。デメリットとしては、SIMカードはすべて公式ショップで購入する必要があります。また、VPNは含まれておらず、アプリを正常に利用することはできません。また、英語でのテクニカルサポートがありません。

空港で購入できるSIMカード

香港国際空港:ここでは、China Mobileの店舗があります。

ローミングを利用して香港でインターネットに接続する方法

スマートフォンは世界のどこにいてもインターネットに接続できますが、通信事業者は日本国内と日本国外(例:香港)の料金はもちろん異なります。国外でのインターネットサービスを、ローミングと呼び、これを知らずに使用していると帰国後に高額な料金を請求される……なんてことも!

以下の表では、日本大手キャリアの香港でのローミングプランを確認いただけます。他のインターネット接続手段と比較すると、料金は利用期間とデータ容量のわりに高額なため、おすすめできません。

通信事業者データ量料金利用期間備考
NTTドコモ無制限¥14,9005日間海外で国際ローミングを使用するには、事前に申し込みをする必要がありますが、ホームページで指定されたプランに契約していなければなりません。
au by KDDI無制限¥14,9005日間利用するには、事前申し込みは不要。端末内データローミングをアクティベーションするのみ。
ソフトバンク無制限¥14,9005日間利用するには、事前申し込みは不要。
日本キャリア別国際ローミングサービスの料金表。

香港でポケットWi-Fiを利用してインターネットに接続

ポータブルWiFiもSIMカードを使用するため、物理SIM同様、高品質のインターネットアクセスを提供しています。ポケットWiFiを使えば、スマホ、タブレット、ノートパソコンなど最大7台の端末でインターネットを利用出来ます。しかし、デメリットとしては、ポケットWiFiをレンタルする場合、端末の購入またはレンタル料とインターネットサービスの日額利用料の2つの費用がかかります。また、紛失や盗難にあった場合は、端末の代金を払わなければならないので、常に注意する必要があります。

グローバルWifi

4G回線速度のパケット定額制プラン。受取りは宅配便や全国17の空港で可能です。

  • 300MB/日の通常プラン:870円
  • 600MB/日の大容量プラン:1,170円
  • 1.1GB/日の超大容量プラン:1,370円 
  • データ容量無制限プラン:2,070円

イモトのWi-Fi

レンタルプランを3つ用意。受取り方法は宅配、本社、空港カウンター。受取り可能な空港は、成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港。

  • 大容量プラン(500MB/日):960円/日
    ギガプラン(1GB/日):1,160円/日
  • 無制限プラン(使い放題):1,860円/日

香港で無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

最後にご紹介するのは、高品質のインターネットの保証は無いものの、費用が0円の公共の無料WiFiです。十分な予算がなく、あまり複雑な操作(ビデオ通話、Googleマップで地図を開くなど)をする必要が無い場合は、無料WiFiという選択肢もありです。ただ、最大のデメリットは、セキュリティーが確かでないため、インターネット詐欺が非常に多く発生していることです。被害に遭わないためにも、銀行取引やパスワードの個人情報を入力とするサイトを使用しないことをおすすめします。

香港では、空港、ホテル、レストラン、カフェ、ショッピングモール、MTR(港鐵)地下鉄駅などで無料WiFiをご利用いただけます。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

香港での様々なインターネット接続方法を紹介した中で、1番最適な選択肢はeSIMです。簡単に出国前に購入、設定ができ、現地に到着した瞬間からインターネットを利用できます。eSIMの購入を検討しているのなら、以下の必須条件を確認しましょう。

  • スマホがSIMフリー端末である必要あり。
  • eSIMに対応した携帯端末を持っていること。
  • Eメールアドレスを持っていること。
  • eSIMのアクティベーション時にあらかじめインターネット接続が可能であること。

香港で利用可能なネット回線速度

ほとんどの場合、Holafly eSIM は、現地のデータ回線と同じく最大速度である4G LTEでカバレッジを提供します。ただし、適用範囲が狭い地域では、スマホの接続速度が低下する可能性があるのでご注意ください。

香港向けeSIMは、国内で大手携帯通信会社の 1 つである「Three HK(スリー・香港)」の回線を使用しています。以下の香港内での通信対応エリアを地図で確認してみましょう。

Three HK 香港国内のサービスエリア

香港 インターネット プリペイド 接続 旅行 オンラインショップ Holafly eSIM Three HK 回線速度マップ
Three HK 香港内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

海外でおすすめのネット接続方法

この記事で解説したオプションの中で最も最適なインターネット接続方法は、Holaflyの香港向けeSIMです。データ通信量は無制限で、有効期間が5日間、10日間、15日間、20日間、30日間、60日間、90日間の7種類のプランの中からお選びいただけます。また、ネットワークは大手通信事業者の1つであるThree HKのを使用します。Holaflyの香港向けeSIMを利用すれば、ローミングなどの他の方法と比べて、インターネット接続料金を大幅に節約することができます。

今回ご紹介した香港でのインターネット接続方法のメリット・デメリットを比較し、最適な接続方法を選択して、香港への旅を楽しみましょう!

香港向けeSIMに関するよくある質問

最後に、Q&Aによくある質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

国向けeSIMを購入する際は、アカウントを作成する必要はありますか?

Holafly eSIMの購入には会員登録または定期契約などは不要なので気軽に購入することができます。ただ、購入時、QRコードのメッセージを受け取るのにメールアドレスが必要です。

香港でネットに接続するためのアジア周遊プランとは?

国際データプランは、世界中のさまざまな国でインターネットに接続できるようにするものです。1つの目的地でしか使えない他のローカルデータプランとは異なり、1カ国または複数の国で利用可能です。国際データプランを利用すれば、高額請求に驚くことなく、旅行中でもインターネットに接続することができます。

香港ではどのような接続方法がありますか?

海外向けeSIMを始め、ローミング、SIMカード、ポケットWiFi、フリーWiFi、様々なインターネット接続方法があります。データ量、利用期間、購入方法などを比較し自分のニーズにあったオプションを選ぶことをおすすめします。しかし、購入や設定が簡単で、さまざまなデータプランを提供しているHolaflyの香港向けeSIMがおすすめです。