コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

ブラジルでのインターネット: 最適な接続方法とは?

ブラジルでインターネットに接続するにはどうしたらいいのか?こちらの記事では、旅行者におすすめのネット接続手段をご紹介します。

Saori

5月 26, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

見どころ満載のブラジルでインターネット接続を確保できれば、安心で快適に旅行ができると思いませんか?ブラジルといえば、真っ先に思い浮かべるのが陽気な音楽、美しい海、そして華やかなカーニバルが有名です。しかし、ブラジルのインターネット事情については、馴染みのない方が多いでしょう。

本記事では、ブラジルでネットに接続できる方法をいくつかご紹介します。海外eSIMや国際ローミングなど、ネット接続手段のそれぞれの料金プラン特徴などの情報を徹底的に解説します。なかでも一番おすすめなeSIMモバイルデータの設定を分かりやすくお伝えします。

以下では、eSIMを使用してモバイルデータを取得する方法から購入時に使える割引クーポンまで!

ブラジルでのインターネット接続

5%OFFクーポンコード【MYESIMNOW5】を使って、世界中のどこからでも購入できるHolaflyブラジル向けeSIMをゲットして、QRコードをメールで簡単受信!

 インターネットに接続して、より素敵な旅行ライフを満喫しましょう。

ブラジル インターネット プリペイド 接続 旅行
ブラジル向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly

この記事では、疑問に思っていたブラジルのインターネット事情について詳しく解説するので、記事の最後までお見逃しなく!

ブラジルでインターネットに接続する方法

海外でネットに接続する方法は、主に5つです。新技術のeSIM、従来のプリペイドSIMカード、国際ローミングサービス、ポケット型WiFi、無料WiFiです。それぞれの購入方法と特徴は以下でご説明します。

ブラジル向けプリペイドeSIMの知っておくべきこと

eSIM技術については、まだ知名度が低いので、「初耳だ」と思う人はきっと多くいるのでしょう。分かりやすく説明すると、eSIMは次世代のSIMです。スマートフォン端末内にSIMがあらかじめ搭載され、携帯キャリアとの契約情報はネット経由で書き込まれます。スマホ利用者にとっては、このSIM新規格のおかげで他社キャリアへの乗り換え手続きが手軽になるなど、通信サービスの開始が時短されました。

eSIMの利便性は海外旅行においても、いい影響があります。通常、海外eSIMはネット上で販売されるので、出国前に購入でき、旅行先ではアクティベートするのみです。

これでSIMカードの入れ替えや現地で利用できるSIMフリー携帯端末を新たに買う必要がなくなりました。ブラジル向けeSIMを利用するための条件は、お手元のスマホがeSIMに対応した最新の携帯機種であることのみです。

Holaflyのブラジル向けeSIM

ブラジルへ行く人の平均滞在日数は15日間という情報をもとに、Holaflyのブラジル向けeSIMプランは、6GBのデータ量が15日間利用できるプランを用意しています。eSIMを現地でアクティベートしたらブラジル国内で高速ネットワークを提供しているキャリア「Vivo」(ヴィーヴォ)の回線に接続します。これにより、最大で4G/LTE速度のデータ通信が楽しめます。

ブラジル向けeSIMのメリット

  • インストールが簡単
  • 大手携帯キャリアの4Gネットワーク接続が可
  • eSIMプロファイルはQRコードとしてEメールに送信される
  • LINEで登録されている電話番号はそのまま使える

ブラジル向けeSIMの料金

利用期間データプラン料金
15日間6GB¥5,700
Holaflyのブラジル向けeSIMは、円、ユーロ、ドルなどで支払いが可能です

eSIMの設定方法 ‐ Holafly

eSIMの設定方法は2つありますが、どれもとても簡単な操作で完了します。まずは、送信されたQRコードをiPhoneのカメラでスキャンして設定する方法を見ていきましょう。その次に、Holafly公式アプリから設定する方法を紹介します。ちなみに、設定手順は動画からもチェックできます。

インストール方法

eSIMのデータプランを追加

「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

QRコードまたは手動でeSIMをインストール

Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。

手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

eSIMの名前を変更

eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力する。(例、Holafly‐ブラジル)

主回線をデフォルト回線に設定

通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップ。

Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。

要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

APNの設定を確認

APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。

Holaflyの公式サイト(Holafly)の「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認できます。

必要に応じて、APN設定を更新

「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由。

アクティベーション方法

eSIMをアクティベートする

お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。

eSIMを主回線として設定するには: お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。

注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認可能。

アクティべートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進んで、「eSIM」を選択。

ブラジル インターネット 接続 Holafly eSIM オンラインショップ
ブラジル向けeSIM  引用元: Holafly公式サイト

公式アプリから設定する方法

Holaflyもついに公式アプリをリリースしました。こちらの記事から詳細をお読みいただけます。アプリでeSIMの設定がさらに簡単にできるようになりましたので、ぜひ利用しましょう。

ブラジル向けSIMカードを現地で購入する方法

プリペイドSIMを契約すると、キャリアが定めた期間とデータ容量を利用できます。ブラジルのプリペイド式SIMカードは、ショッピングモール、街の携帯ショップで簡単に見つけることができます。ポルトガル語ができる人なら、パスポートを提示するだけで購入できます。料金プランも日本のものと比べたら非常に安価です。ただ、購入後の設定手続きが難しいのが難点です。

プリペイドSIMを店頭で購入できても、端末に設定する際に「CPF」という納税番号を入力しなければいけません。こちらは、ブラジル人身分証明書(ID)に明記されている番号です。なので、番号を一時的に貸してもらえる現地の知り合いなどがいなければ、SIMカードのアクティベートはできません

どうしても購入したければ、ご自身でこの番号を発行することは可能ですが、ブラジル国内の住所の提示と登録手数料が必要になります。この手続きはポルトガル語で行われ、発行には最長で2日間かかります。最短で5日間滞在する観光客は、データ通信のためだけにこれほどの手間がかかると現地のSIMカードは現実的ではないかもしれません。

言語とCPFの障害を乗り越えれば、格安なSIMプランを利用することができますので、販売しているおすすめのキャリアを紹介します。ちなみに、以下の3社はSIM登録料に10レアル(約260円)が必要です。

「Vivo」(ヴィーヴォ)

国内最大のシェア率を占めているこのキャリアのSIMカードは、コンビニや「Banca」というキオスク、またはオンラインでも購入が可能です。用意されているプリペイドSIMプランはどれも通話とメッセージアプリWhatsappが無料。テザリングも契約更新(リチャージ)も可能。最大のエリアで4G/5G速度のネットに接続。 

  • 3GB/7日間/11,99 レアル
  • 4GB/7日間/14,99 レアル
  • 4GB/15日間/14,99 レアル
  • 5GB/15日間/19,99 レアル

「Claro」(クラーロ)

こちらも大手キャリアが提供するプリペイドSIMプランは3種類あります。どれもWhatsapp(海外で最も多く利用されているメッセージアプリ)と通話は無料です。契約期間終了後、必要であれば同じ料金を再度支払い、契約更新するような形で同じプランを継続して利用できます。

  • 12GB/1か月間/34,99 レアル
  • 6GB/1か月間/29,99 レアル
  • 3GB/1週間/11,99 レアル

「TIM」

こちらのキャリアも、広い地域で4G/5Gネットワークが利用できるSIMを提供しています。プリペイドプランは1つだけですが、観光客にとってはピッタリなプラン内容です。

  • 9GB/通話SMSかけ無料/15日間/15 レアル

空港で購入できるSIMカード

世界のほとんどの国では、国際空港でプリペイドSIMを見つけることができます。ブラジルにある主要空港は、サンパウロのグアルーリョス国際空港(GRU)、首都ブラジリアのブラジリア国際空港(BSB)とリオデジャネイロのガレオン国際空港(GIG)です。残念ながら、どの空港でも観光客が手軽に利用できるSIMカードは販売されていません。

ローミングを利用してブラジルでインターネットに接続する方法

今、各日本キャリアのローミングサービスは定額プランで提供しています。特に難しい手続きを行う必要はなく、旅行先で簡単にネット環境が確保できるのですが、料金に関してはほかのネット接続手段に比べるとお高めです

旅行するときは、スマホに頼りがちですよね。ローミングプランの内容に関しては、プランに設定されているギガ数が少ない、またはサービスを利用できる期間が滞在期間よりも短かったりと、自身のスマホの使い方に合うプランがないと思う人が多くいます。

このサービスは日本で割り当てられたデータ容量を旅行先で消費することになるので、帰国する頃にはギガ不足になり、高額な請求書を受け取る可能性もあります。

こうして色々な視点から見ると、国際ローミングサービスよりもeSIMプランを購入したほうがお得になります。

ブラジルでポケットWi-Fiを利用してインターネットに接続

ポケットWiFiは持ち運び可能なWi-Fi通信機器です。

この小さなWiFiルータがあれば、場所を問わずインターネット環境が確保できます。こちらのネット接続サービスは、出張または大人数で旅行する人に向いたサ―ビスです。旅の仲間と一緒に使えるモバイルルーターなので、メンバーと費用を割り勘すれば安価になることもあります。

この手段にはいくつかの弱点があります。ルーターのそばにいる必要があるためデータ通信を複数人で共有したい場合は、別行動は不可です。また、定期的に充電をする必要があります。そして、データ量をその他のメンバーと分け合うため、1日に使えるデータ量の上限に達するのが早い傾向にあります。

こういったデメリットがありますが、出発前にネット環境を確保したい、日本語で対応してもらったほうが安心なら、こちらのネット接続サービスが良いです。以下に、おすすめのWiFiレンタル会社2社をご紹介します。

イモトのWi-Fi

4G回線のインターネットが、サンパウロ、リオ、イグアスなど、8都市のエリアで利用が可能。事前申し込みは不要で、公式サイトからすぐ購入できます。ギガ数がなくなればデータチャージができます。受取り方法は宅配、本社または空港カウンターのどちらかを選択できます。ちなみに受取りが可能な空港は、成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港です。レンタルプランは3つ用意されています。

  • 大容量プラン 500MB/日:1,460円
  • ギガプラン 1GB/日:1,660円
  • 無制限プラン:2,360円

グローバルWi-Fi

4G回線速度が利用できる定額制プランを4つ提供しています。受取と返却は宅配便や全国17の空港で可能。安心補償サービスへの加入は必須になっていますので、1日あたりの費用が上がります。

  • 通常プラン 300MB/日:1,370円
  • 大容量プラン 600MB/日:1,670円
  • 超大容量プラン 1.1GB/日:1,970円
  • データ容量無制限プラン:3,170円

ブラジルで無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

公衆無線LANスポットが見つかれば、無料でインターネットに繋いでスマホをつかうことももう1つの方法です。ブラジルではホテル、レストラン、商業施設、娯楽施設で主に無料WiFiを見つけることができます。主要都市では、街中でフリーWi-Fiスポットを設置されていることもあります。観光地域にも多くのWi-Fiスポットが整備されています。

旅行中はスマホの利用を最小限に抑えるという人は、この接続方法がおすすめです。ただ、利用する際に注意頂きたい点があります。フリーWi-Fiへのアクセスは誰もができるため、悪質な行為の被害にあう恐れがあります。パスワードが設定されていない、または公開されていれば、クレジットカードやSNSアカウントなどの個人情報が盗み見られ、悪用される可能性が高いです。

通信速度が非常に遅いことも含めて、おすすめできない接続手段です。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

ブラジルでは観光客は現地SIMを使えない、データローミングとポケットWi-Fiは割高、無料WiFiの利用はリスクが高いとなると、eSIMが一番手軽に利用できるネット接続サービスになります。

eSIMを購入する前に、正しく動作するための項目4点をチェックしましょう。

  • お使いのスマートフォンがSIMフリー端末であること
  • お使いのスマートフォンがeSIMに対応していること
  • eSIMの登録と受け取りには、有効なEメールが必要
  • アクティベートする際には、あらかじめインターネットに接続できる環境が必要

ブラジルで利用可能なネット回線速度

ブラジルで高いシェア率を誇るキャリアは、「TIM」、「Vivo」と「Claro」の3社です。HolaflyのeSIMは、その中の大手携帯キャリア「Vivo」の回線を使用し、通信サービスを提供しています。ブラジル現地では、4G回線の高速インターネット大容量のデータで楽しむことができます。

ブラジルの主要都市では、快適にデータ通信ができますが、それ以外の地域では使用するモバイル回線のカバー率によります。特に、都市から遠く離れたジャングルでは、ネットワークに繋がりにくいです。以下で、通信対応エリアを地図で確認してみましょう

Vivo 4G回線 ブラジル内のサービスエリアマップ

ブラジル インターネット 接続 旅行 プリペイド Holafly
Vivo ブラジル内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

海外でおすすめのネット接続方法

HolaflyのeSIMなら、CPF番号の用意、安心補償サービスの支払い、割高なサービス料で旅費がかさむ心配はありません。

ブラジル向けeSIMは15日間利用できる大容量のデータが付いたプランなので、旅行者にとってはうってつけのアイテムです。また、出発前に国内から購入できるのも有利な点です。安定そして安全なネット環境が数分で確保できます。

設定も非常に簡単で、初心者でも数分でネットワークに接続することができます。Holaflyでは、日本語で24時間・365日のサポートサービスがあるのもうれしいポイントです。eSIMのおかげでこれからの旅がさらに快適になるはず間違いなし!

ブラジル向けeSIMに関するよくある質問

ブラジルではどのようなインターネット接続方法がありますか?

現地で利用できるネット接続サービスは主に、国際データローミング、SIMカード、ポケット型Wi-Fiと無料Wi-Fiが利用できます。そして、最近では話題になっているeSIMもその中に加わりました。eSIMなら面倒な手続きは一切なく、お手頃価格でデータプランを提供しているので是非試してみましょう。

国際データローミングとは?

他国へ旅行する際、契約先のキャリアが、渡航先のキャリアの回線を利用して、契約者が引き続きモバイルネットワークに接続して、データ通信を行うシステムです。

昔は、パケット単位(1MBや1KB)で通信料が設定されていました。それにより、海外でデータローミングを利用すると高額請求が発生していました。今はキャリア各社が横並びに定額プランを提供しているので、もう少しリーズナブルになりました。

ただ、通信量は日本で契約しているデータプランから差し引かれるため、帰国後低速モードになることがあります。また、月の請求金額は月額のスマホ代+ローミング代を支払うことになるので、月額利用料が上がります。

なので、eSIMが最適な手段です。旅行者の利用スタイルに合ったプランを用意しているので、ほかの接続サービスに比べると圧倒的に安価です。

ブラジル向けeSIMを購入する際は、アカウントを作成する必要はありますか?

HolaflyのeSIMを購入するには登録やアカウントを作成する必要はありません。QRコードをお届けする際に必要なものはEメールアドレスのみです。