コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

バリ島でのインターネット:最適な接続方法とは?

バリ島でどのようにインターネットに接続すればいいかわからない人必見。ここでは、5つのネット接続方法を紹介。あなたにピッタリなオプションを見つける事ができます!

shiery

5月 27, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

バリ島を訪れた際に、スマホでインターネットを利用する方法についての情報をお探しですか?

バリ島で伝統的な寺院や大自然が感じられる場所などを観光するには、位置情報や営業時間など、ネットで検索することが沢山あると思います。滞在中にネットが無かったり、あっても安定した速度でなかったら、楽しめる時間が減り、もったいないですよね。

この記事では、バリ島でのインターネット接続方法をご紹介します。最新のeSIMを始め、SIMカード、ローミングなど、様々な方法の特性、購入方法、メリット・デメリットを解説します。

お得な割引クーポンを利用して今すぐeSIMを手に入れましょう!

バリ島でスマホの利用はeSIMが手軽

\QRコードで簡単設定?/

【読者限定】5%OFFクーポン進呈中♪

クーポンコード:MYESIMNOW5

バリ島でインターネットに接続する方法

安定した速度でネットを利用したいけれど、高額な料金は払いたくないですよね?

お手軽に購入でき、安価で快適なネット環境を手に入れられるオプションがあります。

バリヒンドゥー教6大寺院巡りをしたり、美しいビーチで行えるマリンアクティビティを予約したり、マッサージ屋さんでリラックスするために営業時間を確認したり、バリ島でインターネットが使えるととても便利です。

本記事では、eSIM、SIMカード、無料WiFi、ローミング、ポケットWiFiの5つのインターネット接続オプションを紹介。これらのオプションは、渡航前にオンラインで購入したり、現地の空港や携帯キャリアの実店舗で購入したり、様々な手段で入手できるので、好きな方法を選ぶことができます。

バリ島向けeSIMの知っておくべきこと

eSIMについて聞いたことがありますか?eSIMは、近年導入されたオプションで、従来のSIMカードの仮想版です。

携帯端末にあらじめ埋め込まれているので、部品を差し抜きする必要はありません

チップを紛失する心配は無用なので、移動が多い海外旅行にはピッタリのeSIMです。

安心して旅行先ではなくても、日本にいる時点でオンラインから購入できます。

購入を検討しているのであれば、まずはeSIMに対応する携帯端末のリストをチェック!

Holaflyのバリ島向けeSIM

観る、遊ぶ、食べる、様々なアクティビティで楽しむことができるバリ島で、ネット接続方法を現地で探して時間を無駄にしたくはない方におすすめなのがHolaflyのバリ島向けeSIM

出発前から、購入することができるので、現地では楽しむことだけに集中することができます。

さらに、データ量は無制限なので、情報検索、SNS投稿、地図アプリで位置確認、やれることは山ほど!

ギガ不足の心配することなく、利用することができます。

バリ島向けeSIMのメリット

  • ネットが使い放題
  • 4G/LTE回線につながる
  • 1日単位で使用日数を選べる
  • 手軽にインストールが可
  • eSIMはEメールで受取り、即日利用可

インドネシア・バリ島向けeSIMの料金

インドネシア・バリ島eSIMの利用期間は、ご自身でカスタマイズできます。

参考までに、利用期間ごとの料金を以下の表に掲載しました。

ご覧いただきますと、5日間プランを選択した場合、一日の利用料金は460円と、お手頃。

データ無制限プラン料金
1日¥700
5日間¥2,300
10日間¥4,100
15日間¥5,700
20日間¥6,900
30日間¥8,400
Holaflyのインドネシア向けeSIMは、円とドルで支払いが可能です


eSIMの設定方法 – Holafly

Holaflyのバリ島向けeSIMの購入が出来たのなら、次はeSIMを設定しましょう。2つのアクティベーション方法があるので、お好きな方をお選びください。まずは、iPhoneでQRコードをスキャンして設定する方法をご説明します。

インストールとアクティベート方法はこちらの動画でもご覧いただけます。

インストール方法

1.eSIMのデータプランを追加

  • 「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

2.QRコードまたは手動でeSIMをインストール

  • Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。
  • 手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

3.eSIMの名前を変更

  • eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力。(例、Holafly – バリ島)

4.主回線をデフォルト回線に設定

  • 通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

5.iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

  • iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップします。

6.Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

  • APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。
  • 要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

7.APNの設定を確認

  • APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。
  • Holaflyの公式サイト(Holafly)で、「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認。

8.必要に応じて、APN設定を更新

  • 「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由。

アクティベーション方法

1.eSIMをアクティベートする

  • お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。
  • eSIMを主回線として設定するには:お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。
  • 注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

2.eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

  • eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認。
  • アクティベートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進み、「eSIM」を選択。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

他のオプションと比べると、eSIMは渡航前に簡単に購入・設定ができ、快適なネット環境を入手することができるのでおすすめです。eSIMの購入したいと思ったのなら、以下の要件を満たしているかを確認しましょう。

  • お使いのスマホがSIMロック解除されていること。
  • お使いのスマホがeSIMと互換性がある端末であること。
  • eSIMの登録やインストール・アクティベーション手順を受信できる有効なEメールアドレスを持っていること。
  • eSIMをアクティベーションする際にインターネットに接続可能であること。

バリ島向けSIMカードを現地で購入する方法

安価で現地に到着後に購入することから、SIMカードを好む人は少なくありません。インドネシアでは、プリペイドSIMカードを空港、コンビニ、携帯キャリアの公式ショップなど、街の至る所で購入することができます。しかし、空港内の販売店では、値段が上がっているといケースが多いので気を付けましょう。

注意点としては、2022年9月以降、海外から持ち込んだスマホのIMEI(端末識別番号)登録が義務化されました。従って、短期間(90日以内)滞在する旅行者であっても、お使いの携帯端末で現地の通信事業者が販売するSIMを利用する場合は、事前に関税局のウェブページから3か月有効のIMEI登録する必要があります。

そのため、登録は入国後に空港の登録エリアで行いましょう。また、携帯キャリア直営店でSIMカードを購入する際も、個人情報の登録手続きが行われるので、パスポートの提示と手数料の支払いが必須になります。以下で、インドネシアの通信事業者3社が提供するSIMカードについて確認することができます。

Telkomsel (テルコムセル)

Telkomselは、インドネシアで1位のシェア率を誇る会社です。「グラパリ」という直営店からSIMカードを購入することができます。また、「My Telekomsel」という公式アプリで、データ残高の確認やチャージを行うことができます。5G/LTE回線を利用しており、広いカバレッジを提供しているので、離れたリゾート島でも電波が繋がります。ただし、観光客向けのプランは1つのみ販売しています。30日間、25GBデータ容量+25分の通話プランを150,000ルピア(約1,300円)で購入することができます。

Indosat Ooredoo Hutchison (インドサット・ウーリドゥ・ハチソン) 

Indosat Ooredoo Hutchisonは、携帯電話向けのワイヤレスサービス、および家庭向けのブロードバンドインターネット回線を提供している会社です。この企業は、IndosatとHutchison 3の合併により設立されました。プリペイドSIMカードについては、通話・メッセージ(Indosat利用者同士)+データ容量のパッケージを販売しています。「Kartu Perdana Freedom Internet」には2種類のパッケージがあります。公式サイトのオンラインショップから購入することができます。

  • 3GBデータ容量/30日間+5000分の通話プラン 25,000ルピア(約250円)
  • 9GBデータ容量/30日間+5000分の通話プラン 45,000ルピア(約400円)

XL Axiata(エックスエル・アクシアタ)

XL Axiataは、ジャカルタに本社を置くインドネシアの移動通信サービス事業者です。こちらのキャリアは、4G/LTE回線を提供しているので、安定した通信を利用することができます。公式サイトから購入できる「Extra Combo Flex Prime Card」は、すべてのプランに90分の通話とLINE使い放題が含まれており、データ容量(4GB~32GB)が異なる4種類のプランを用意しています。例えば、「Xtra Combo Flex」 Mプランの場合、10GBのデータ量、24日間プランを35,000ルピア(約310円)で購入することができます。

空港で購入できるSIMカード

旅行用プリペイドSIMカードは、以下の2つの空港で販売されています。

  • スカルノ・ハッタ国際空港:ジャカルタに位置する国際空港で、通常日本からの直行便はここに到着します。第3ターミナルの1FにTelkomselの直営店「GraPARI」、SIM売り場「POINT CELLULAR」で購入することができます。
  • デンパサール空港国際線ターミナル:バリ島にある国際空港で、税関エリアを出たところにある、SIMカード販売ブースで購入することができます。

ローミングを利用してバリ島でインターネットに接続する方法

世界中のほとんどの国で、人々が利用する最も一般的な選択肢の1つがローミングです。このサービスは、自国の通信事業者の通信エリアを離れた場合でも、提供を組んでいる通信事業者の回線を利用することで、通話・メッセージ・モバイルデータ通信が可能になるシステムです。多くの携帯キャリアが提供しているため、他のオプションと比較すると入手しやすくなっています。しかし、ローミングサービスの特徴は、料金が非常に高いため、月末の請求書が届いたときに驚くケースが少なくありません。このオプションはおすすめしませんが、それでも利用したい方のために、以下で主な日本の大手通信事業者が提供するインドネシア・バリ島でのローミング料金を紹介します。

通信事業者データ量料金利用期間備考
NTTドコモデータ無制限¥14,9005日間海外で国際ローミングを使用するには、事前にお申し込みする必要がありますが、ホームページで指定されたプランに契約していなければなりません。
au by KDDIデータ無制限¥14,9005日間利用するには、事前申し込みは不要。端末内データローミングをアクティベーションするのみ。
ソフトバンクデータ無制限¥14,9005日間利用するには、事前申し込みは不要。
インドネシア・バリ島でのインターネットのローミング料金の比較表。

バリ島でポケットWi-Fiを利用してインターネットに接続

バリ島へ旅行する際に、昔からある選択肢の1つに、ポケットWiFiがあります。このデバイスは、一緒に持ち歩くことで常にインターネットに接続することができます。メリットは、大人数で旅行した場合、1つのデバイスに複数人が接続することにより、ネットを利用することができます。全体的に高品質な通信を提供しますが、データ料金の他に、レンタル料、送料など様々な料金を払うことになるので、かなり高価なオプションです。

グローバルWi-Fi

3G中速プランと4G高速プランを用意しており、料金は1日あたりの利用可能なデータ通信量で異なります。受取・返却は宅配便や全国17空港で行うことができます。以下で4G高速プランの料金を確認しましょう。

  • 300MB/日の通常プラン:1,170円
  • 600MB/日の大容量プラン:1,370円
  • 1.1GB/日の超大容量プラン:1,670円
  • データ容量無制限プラン:2,370円

イモトのWi-Fi

4G回線速度で3種類のデータ通信量が異なるレンタルプランを用意しています。インドネシアでは、バリ島、ジャカルタ、スラバヤ、デンパサール、バンドン。ジョグジャカルタ、ビンタン島、バタム島の都市で利用することができます。受取・返却は、宅配、本社、空港カウンター(成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港)で行うことができます。

  • 大容量プラン(500MB/日):1,160円/日
  • ギガプラン(1GB/日):1,460円/日
  • 無制限プラン(使い放題):2,160円/日

バリ島で無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

最後に、無料WiFiに頼るという選択肢もあります。しかし、本当に旅行者に適したオプションなのでしょうか?SIMカードのギガが終わってしまった場合やポケットWiFiのバッテリーが切れてしまった場合など、緊急時には実用的な選択肢になりますが、このオプションをメインの接続方法として選ぶのはおすすめしません。なぜなら、通信品質は悪く、場合によっては時間制限などがあるからです。さらに、最大のデメリットはセキュリティー面です。第三者に個人情報を盗まれたり、ハッキング被害にあう可能性があるので危険です。

バリ島の観光地や都心部では、至る所でフリーWiFiスポットを見つけることができます。レストラン、カフェ、ホテルなどで利用することができます。しかし、無料のWiFiは基本的に3G回線を利用しているので、速度は遅く感じるかもしれません。

バリ島で利用可能なネット回線速度

バリ島を始め、ジャカルタスラバヤなどインドネシアの主要都市では、主に4G回線の通信速度が利用できます。しかし、都市外や山道になると電波が悪くなることがあります。

HolaflyのeSIMは、大手キャリア3社XL (Excelcom) / Indosat / Telkomsel」と提携を結んでいます。

以下で、インドネシア・バリ島内の通信エリアを地図で確認してみましょう。

XL 4G回線 インドネシア・バリ島内のサービスエリアマップ

XL インドネシア・バリ島内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

Indosat Ooredoo Hutchison インドネシア・バリ島内のサービスエリアマップ

インドネシア バリ島 インターネット 接続 Indosat Ooredoo Hutchison 回線速度マップ
Indosat Ooredoo Hutchison インドネシア内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

Telkomsel 4G回線 インドネシア内のサービスエリアマップ

Telkomsel インドネシア・バリ島内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

インドネシアでおすすめのネット接続方法 まとめ

本記事では、様々なネット接続方法をご紹介してきました。

一番のおすすめは利用期間をご自身で選べる、データが使い放題のHolaflyのインドネシア・バリ島向けeSIMです。

オラフライなら、事前に購入・設定ができ、到着した瞬間からインターネットを利用することができるので、とても便利です。

また、困ったことがあれば24時間のカスタマーサポートサービスに問い合わせる事ができるので、安心して旅行することができますよ!



インドネシア向けeSIMに関するよくある質問

バリ島向けeSIMを購入する際は、アカウントを作成する必要はありますか

Holaflyのバリ島向けeSIMを購入するには、アカウントを作成する必要はありません。QRコードを受信できる有効なEメールアドレスのみが必要になります。

Holaflyのバリ島向けeSIMの回線速度は?

最高速度の4GLTEモードで現地の大手通信事業者「Indosat Ooredoo Hutchison (インドサット・ウーリドゥ・ハチソン) 」が提供するネットワークに接続するので、安定したネットを利用することができます。

バリ島でネットに接続するためのアジア周遊プランとは?

周遊プランは、1つのeSIMだけで、多数の対象国でインターネットに接続できるプランです。例えば、アジア周遊プランの場合、アジア向けeSIMを購入すれば、インドネシア、香港、台湾を含む12か国以上で安定したネット通信を利用することができます。国向けeSIMと同様、国に到着したときに現地の大手通信事業者が提供する回線に接続するので、安定した速度でインターネットを利用することができます。アジアツアーを行うならアジア向けeSIMが最適なオプションです。