コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

アジアでのインターネット:最適な接続方法とは?

アジアの12カ国以上に対応したHolaflyのeSIMを始め、アジアでインターネットに接続するための選択肢をご紹介します。

shiery

5月 27, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

地球上で最も大きく、人口の多い大陸、アジア大陸への旅を楽しむためにはインターネットは必要不可欠です。周遊プランで誰もが最初にチャレンジしてみたくなるアジア旅行で、各国の観光スポットおすすめレストランなど楽しむことは山ほどあります。インターネットを利用すれば、地図アプリで行き方を確認したり、有名なフォトスポットの営業時間を検索したり、より快適にアジアの国々を周ることが出来ます。

この記事では、最新技術のeSIMを始め、SIMカード国際ローミングサービスなど、5つのインターネット接続肢を紹介します。それぞれのオプションのメリットとデメリットを知ることで、あなたの旅に必要な接続方法をより明確に知ることが出来ます。以下では、eSIMを使用してモバイルデータを取得する方法から購入時に使える割引クーポンまで!

アジアでのインターネット接続

5%OFFクーポンコードMYESIMNOW5を使って、世界中のどこからでも購入できるHolaflyのアジア向けeSIMをゲットして、QRコードをメールで簡単受信!

インターネットに接続して、より素敵な旅行ライフを満喫しましょう。

アジア向けeSIM スマートフォン データ通信 Holafly
アジア向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly公式サイト

アジアのインターネット事情について詳しく解説するので、記事の最後までお見逃しなく!

アジアでインターネットに接続する方法

アジアを周る時にインターネットを利用する方法は様々あり、大きく分けて2つの方法で購入することが出来ます。旅行前に事前にオンラインで購入可能なeSIM、ポケットWiFi、ローミング現地に到着してから購入・利用可能なSIMカード、無料WiFiがあります。各オプションで、データプラン、利用期間、価格、購入方法などが異なるためご自身のニーズに合う接続方法を選びましょう。

アジア向けプリペイドeSIMの知っておくべきこと

eSIMは、「Embedded SIM(組み込み式SIM)」の略でスマホに内蔵されたデバイス本体と一体型のSIMです。スマホ本体にあらかじめ埋め込まれたSIMの情報を更新するだけで、従来のSIMカードを抜き差しする時と同じ役割を果たします。SIMカードの差し替えが不要オンラインで最短で開通可能、そしてeSIM対応機種ならデュアルSIMも可能と様々なメリットを持っているため最近の人気のオプションとなっています。もしアジア旅行にeSIMを使ってインターネットを接続したいのであれば、Holaflyのアジア向けeSIMがおすすめです。旅行前に簡単に購入・設定ができ、到着後すぐにネットに繋がることが出来ます。購入前にeSIMに対応する携帯端末をチェックしましょう!

Holaflyのアジア向けeSIM

Holaflyのアジア向けeSIMを使用して、アジア旅行で快適なネット環境を入手しましょう。韓国、タイ、台湾を始め、アジアの12か国以上で 、現地の通信事業者が提供する4G / LTE の通信速度でモバイルデータ通信を楽しむことが出来ます。また、ご購入時に登録したEメールにてすぐにeSIMが届くので、国際データローミングの設定手続きや空港でSIM カードを探す必要もありません。すでにお使い中のSIMカードを携帯端末に保有できるので、アジアでもSMSや通話を送受信することもできます。

アジア向けeSIMのメリット

  • 韓国、タイ、台湾など12か国以上で安定した高速データ通信を利用することが出来ます。
  • 会員登録または定期契約は不要なので、素早く購入することが出来ます。
  • LINEで登録している電話番号は携帯端末にそのまま保存されるため、旅行中も家族や友達と連絡を取り続けることが出来ます。
  • 現地で公共の無料WiFiスポットを探したり、帰国後のローミングの高額請求などを心配することなく旅行が楽しめます。

アジア向けeSIMの料金

Holaflyのアジア向けeSIMは、1回の支払い、そして設定でアジアの12ヵ国以上でインターネットに接続することができます。なので、各国に到着するたびに設定したりする必要はありません。

利用期間データプラン料金
30日間8GB¥6,900
Holaflyのアジア向けeSIMは、円、ユーロ、ドルなどで支払いが可能です。

eSIMの設定方法 – Holafly

アジア向けHolafly eSIMを購入することはできましたか?購入が完了したのなら、早速eSIMを設定しましょう。2つのアクティベーション方法から選択することが出来ます。どちらも簡単なので、お好きな方をお選びください。まずは、iPhoneでQRコードを読み取って設定する方法をご説明します。

インストールとアクティベート方法はこちらの動画でもご覧いただけます。

インストール方法

1.eSIMのデータプランを追加

  • 「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

2.QRコードまたは手動でeSIMをインストール

  • Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。
  • 手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

3.eSIMの名前を変更

  • eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力。(例、Holafly – アジア)

4.主回線をデフォルト回線に設定

  • 通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

5.iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

  • iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップします。

6.Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

  • APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。
  • 要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

7.APNの設定を確認

  • APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。
  • Holaflyの公式サイト(Holafly)で、「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認。

8.必要に応じて、APN設定を更新

  • 「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由。

アクティベーション方法

1.eSIMをアクティベートする

  • お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。
  • eSIMを主回線として設定するには:お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。
  • 注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

2.eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

  • eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認。
  • アクティベートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進み、「eSIM」を選択。
アジア インターネット 接続 Holafly eSIM オンラインショップ
アジア向けeSIM  引用元: Holafly公式サイト

公式アプリから設定する方法

HolaflyのeSIMは公式アプリからも購入できます。こちらの記事を読んで、快適なインターネットに繋がった旅を楽しみましょう。

アジア向けSIMカードを現地で購入する方法

アジアでは、観光客向けのSIMカードを提供している携帯キャリアがたくさんありますが、これらの会社の多くは、SIMカードを購入した国しかカバーしていません。したがって、訪れる国々で最も優れたネットワークを提供している通信事業者を探す必要があります。各キャリア、通話、メッセージ、モバイルデータ通信、利用期間などが異なる様々なプランを提供しています。いくつかの携帯キャリアの料金を比較し、自分に最も適したオプションを選択しましょう。注意点としては、ご利用しているSIMカードを紛失する可能性、そして通信事業者の販売店が見つかるまでインターネットなしに行動する必要があることを覚えておきましょう。以下で、韓国、タイ、香港の大手通信事業者が提供しているSIMカードプランを紹介します。

SK Telecom (エスケイテレコム)

SK Telecomは、韓国の3大通信キャリアの1社です。SIMカードは、幅広い地域でカバレッジを提供しています。テザリング対応のSIMカードなので旅の仲間とインターネットを共有できます。1日から最大30日の無制限データ、音声とメッセージを受信のみのプランを提供しています。30日券は、71,500ウォン(約7,250円)で購入出来ます。ただし、1日券の場合、音声とメッセージを受信できません。仁川、金浦、大邱、釜山港、江南など、18つの都心支店で購入できます。

TrueMove H (トゥルームーブ H)

タイで3大通信キャリアの1つとして有名なTrueMove Hは、主に空港に販売店があり、旅行者は到着直後に購入できるようになってます。他にも自動販売機やコンビニからも入手できます。観光客向けSIMカード「Thailand Tourist SIM」には、3つのデータプランが用意されており、1日、16日、30日の利用期間と15GBと30GBのデータ容量から選ぶことができ、例えば30GBのモバイルデータが利用できる30日プランは599バーツ(約2,300円)で購入することが出来ます。

China Unicom (チャイナ・ユニコム)

中国で第2位の通信事業者であるChina Unicomは、9000万人以上のユーザーを持ち、世界最大のネットワーク事業者の1つとして知られています。1GB、2GB、3GB、6GBの4つのモバイルデータプランを提供しており、約3,320円から購入することが出来ます。また、多くの海外の携帯端末に対応しているので、普段使用している携帯電話を旅行先でも利用できます。デメリットとしては、VPNを搭載していないため、政府が制限しているウェブサイトやAPPにアクセスすることはできません。また、手続きを行う際に、パスポートを提示しないとSIMカード購入不可能英語でのテクニカルサポートなしなどが欠点として挙げられます。

空港で購入できるSIMカード

アジアの多くの国際空港で、観光客向けのSIMカードが携帯キャリアの公式ショップ自動販売機などで販売されています。しかし、空港で販売されているSIMカードは高額な場合が多いので注意しましょう。以下でアジアの主な国のSIMカードを販売している国際空港を紹介します。

  • 韓国:仁川空港、金浦空港
  • タイ:スワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港
  • シンガポール:チャンギ国際空港
  • マレーシア:クアラルンプール国際空港
  • インドネシア:スカルノ・ハッタ国際空港、デンパサール空港国際線ターミナル
  • フィリピン:ニノイ・アキノ国際空港、マクタン・セブ国際空港

ローミングを利用してアジアでインターネットに接続する方法

ローミングとは、自国で契約をしている携帯プランを海外に行っても利用できるサービスです。これは、提携を組んでいる通信事業者の回線に接続するため、普段通り通話やテキストメッセージを送受信したり、インターネットを使用することができます。しかし、このオプションのデメリットはとても高額であることです。普段のプラン料にローミング料が加算されるので、月末の請求書を見て驚く人も少なくありません。このような失敗を避けるために、事前に日本の大手携帯キャリアが提供している国際ローミングサービスについて調べておきましょう。

通信事業者データ量料金利用期間備考
NTTドコモ契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。23,080円30日間(7日間のプランx4 + 1日のプランx2)7日間が最大日数なため、利用し続けるには更新する必要がある。
au by KDDI契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。29,400円30日間(1日あたり980円)アプリをダウンロードする必要がある。
最大8日間、使い続けるには更新する必要がある。
ソフトバンク契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。29,400円30日間(1日あたり980円)特定のプランに申し込みすること。
ウェブ使用料、4Gデータ通信基本料または、対象料金プランに加入していること。
日本キャリア別国際ローミングサービスの料金表。

アジアでポケットWi-Fiを利用してインターネットに接続

モバイルWiFiとしても知られているポケットWiFiは、家庭やオフィスのモデムやルーターと同じ機能を持つポケットデバイスのことを言います。1つまたは複数のデバイスにインターネットアクセスを提供する役割を担っています。注意点としては、バッテリーの減りが早いので常に充電されていること、一定の距離を離れると使えなくなったり速度が低下することなどが挙げられます。またレンタルする場合は、レンタル料、データプラン料、受取・返却料、紛失や損害が起きた場合の罰金など様々な料金を払わないといけないことを覚えておきましょう。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、4G回線速度のパケット定額制プランを提供しています。受取・返却は宅配便や国内17空港のカウンターで行うことが出来ます。アジア周遊プランは、韓国・香港・シンガポールなどのアジア28ヵ国で利用することが出来ます。

  • 300MB/日の周遊プラン:1,680円
  • 600MB/日の大容量周遊プラン:1,780円
  • 1.1GB/日の超大容量周遊プラン:1,980円
  • データ容量無制限周遊プラン:2,680円

イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fiは、データ量が異なるレンタルプランを2つ用意しています。宅配、本社、空港カウンターで受け取・返却ができます。受取・返却可能な空港は、成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港です。アジア周遊プランでは、韓国、中国、シンガポールなど、10ヵ国以上で利用することが出来ます。

  • 大容量プラン(500MB/日):1,580円/日
  • ギガプラン(1GB/日):1,880円/日

アジアで無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

無料WiFiとは、公共施設や民間施設がネットワークを無料で解放して提供するサービスのことを言います。通常、この接続を大勢の人々が同時に利用するため通信速度が遅いです。また、オープンネットワークなため安全性に欠けています。そのため、データハッキングを避けるために個人情報、パスワード、銀行口座情報などを入力する必要がないページのみ利用することをおすすめします。

アジアでは、空港、カフェ、レストラン、公共サービスステーション、観光地、図書館、博物館など、都市部にある様々なスポットで利用することができます。また、Wifi-free.Mobilという検索サイトを利用すれば、アジアのどの都市や国に無料WiFiポイントがあるのか、どの施設にあるのか、その場所のおすすめポイントなどを知ることができます。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

ここまで、アジアでの様々なインターネット接続方法を紹介しましたが、自分に合ったオプションを見つけることが出来ましたか?まだ悩んでいる方におすすめなのが、事前に購入・設定ができ、手間をかけずに現地に到着したときからインターネットに接続できるるeSIMです。eSIMを購入を検討しているのならば、事前に以下の条件を確認しましょう。

  • お使いのスマホがSIMフリー端末であること。
  • お使いのスマホがeSIMに対応していること。
  • eSIMの登録やQRコードを受信できるEメールアドレスを持っていること。
  • eSIMをアクティベーションする際にインターネットが利用できる環境にいること。

アジアで利用可能なネット回線速度

アジアでは、お使いのスマホが各国の通信事業者の回線に接続することで、一定の速度でブラウジングできるようになります。Holaflyのアジア向けeSIMは、各国の大手携帯通信会社の回線を使用しています。HolaflyのeSIMはローカルデータ回線と同様に最大速度である4G LTEでカバレッジを提供するため、最速で快適なネット環境を手に入れることが出来ます。

ここでは、韓国(SK Telecom)、タイ(TrueMove)、香港(Three HK) が提供している通信エリアについてご紹介します。

SK Telecom 韓国国内のサービスエリアマップ

アジア 韓国 SK Telecom インターネット 接続 回線速度マップ
SK Telecom 韓国国内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

TrueMove タイ国内でのサービスエリアマップ

アジア タイ インターネット 接続 TrueMove 回線速度マップ
TrueMove タイ国内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

Three HK 香港内でのサービスエリアマップ

アジア 香港 インターネット-接続 Three HK 回線速度マップ
Three HK 香港内のサービスエリアマップ 引用元:Nperf

海外でおすすめのネット接続方法

Holaflyのアジア向けeSIMは、旅行者が海外でのインターネット接続オプションを選択する際に求めるメリットのほとんどを持っています。ポケットWiFiならデバイスのレンタルや購入時の追加支払い、無料WiFiなら不安定なネット通信、ローミングなら高額料金… その他のオプションは心配する点がたくさんありますが、Holaflyのアジア向けeSIMなら品質と安全性をリーズナブルなコストで提供しています。このオプションを選べば、時間と金銭面で節約することが出来ます。なぜなら、1回の支払いだけで、必要なeSIMがすぐにメールで届き、会員登録などをせずにすぐに設定・利用できるからです。割引クーポンを利用して旅行前に買えば、海外旅行が楽に!韓国、タイ、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ラオスなどアジア12カ国以上を周る旅を快適なインターネットでより楽しみましょう!

アジア向けeSIMに関するよくある質問

最後に、Q&Aによくある質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

アジアではどのような接続方法がありますか?

eSIM、SIMカード、ローミング、ポケットWiFi、無料WiFiなど、現在海外でインターネットに接続するのは簡単になり様々な方法で繋がることが出来ます。その中でもおすすめはHolaflyのアジア向けeSIMです。アジア12カ国以上で4G/LTEの通信速度でインターネットを楽しむことができます。また、eSIMの設定はとても簡単なので数分で行うことが出来ます。

国際データローミングとは?

国際データローミングとは、利用者が自国で契約している通信事業者の提供サービスエリア外で、他の事業者の回線に接続し、データ通信を利用できるようになるサービスです。これにより、日本から持参したスマホを旅行先でも使用することができます。しかし、最大のデメリットはデータ量と利用期間が少ないもかかわらず高額な料金を月末に請求されることです。また、利用するには一定のプランに加入していることや特定のパッケージに申し込みを行うなど様々な要件を満たす必要があります。

アジアでネットに接続するための周遊プランとは?

周遊プランは、世界中のさまざまな国でインターネットに接続できるようにするものです。1つの目的地でしか使えない現地のデータプランとは異なり、周遊プランを使えば一度購入したeSIMを1カ国または複数の国で利用できます。例えば、アジア周遊プランの場合、韓国、タイ、インドネシアを始め12か国以上で安定した高速データ通信を楽しむことが出来ます。