コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

海外データローミングとは?基本情報と料金目安を解説!

今更聞けない海外データローミングサービスの基本情報、使い方と大手キャリア3社からの利用料金を紹介。

Saori

5月 4, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 37.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

海外旅行中にデータローミングとは、契約先の通信キャリアのサービスエリア外(海外)にいても、現地の通信事業者の電波を利用し、継続してデータ通信を行う仕組みのことです。

この記事では、海外ローミングを使う方法、携帯キャリア別の料金目安を解説します。

そして、新しく導入された、海外旅行でデータローミング以外に使える注目の「海外eSIM」も紹介します。

eSIMが割引クーポンでお得に!

海外旅行には、

ローミングサービスではなく

リーズナブルに利用できる

eSIMが便利👌

【読者限定】5%OFFクーポン進呈中

クーポンコード:MYESIMNOW5

データローミングの基本情報

海外ローミングには、3つの種類があります。

  • 地上ローミング:地上でのスマートフォンの使用
  • 航空機ローミング:飛行中の航空機内でのスマートフォンの使用
  • 船舶ローミング:クルーズ船、フェリー、ボートなど、船内でのスマートフォンの使用

今回は、地上ローミングの利用について解説します。

スマートフォン端末には、あらかじめローミング機能が設定されていて、携帯電話会社との契約プラン内容によりローミングサ―ビスを利用できます。

契約先の携帯キャリアが海外ローミングサービスを提供している場合、渡航先では提携を結んでいる現地携帯キャリアの回線に接続してデータ通信が行えます。

端末の設定でデータローミングをオンにするだけで、お気に入りのアプリの利用はもちろん、電話の発着信、SMSの送受信ができます。

ただ、ローミングサービスを利用できる国は限られています。

渡航予定の国は、ローミングサービスの対象国であるかどうかなど、契約先キャリアより海外ローミングサービスの詳細をよく調べる必要があります。

国際データローミングを使う際の注意点

国際電話を利用したいなら、スマホのシステム設定からローミング機能を有効(オン)にするだけで電話が掛けられます。

一方で、インターネットを利用したいなら、データローミングとモバイルデータ通信の両方を有効にすることでスマホをネットに繋げます。

ここで注意点です。

ローミングをオンにしたまま海外でスマホを利用すると、1日あたりにパケット通信料が発生するので、高額な利用料金になってしまいます。

高額請求を防止したいなら、契約先キャリアより海外旅行用のデータ通信プラン(ローミングサービス)を事前に申し込むことをおすすめします。

キャリアにより、定額制プランまたはパケットし放題プランを提供しているので、スマホの使い方に合わせて選択できます。


国際ローミングを使う際の注意点をのリストにまとめました。

  • 渡航先の国と契約中の携帯プランにより料金・データ容量は変動する
  • ローミング機能は自動的にオンになるので注意を
  • 端末からデータ通信量の消費を有効/無効にできる
  • 1日あたりのデータ量の上限を超えると、通信速度は低速化または停止するため、チャージする必要がある
  • 渡航先の国に入国した時点でスマホは接続可能な電波に自動で繋がる
  • キャリアにより、ローミングサービスを事前に申し込みをし、ご希望の料金プランを選択しないと、従量課金制のパケット通信が行われる、またはパケットし放題プランが自動的適用され、想定外の高額請求が発生する

海外ローミングサービスの料金プラン

データローミングの料金設定は様々な理由により決められます。

契約先のキャリア、滞在先の国・地域、利用になるサービスなど。

日本の主要3大携帯キャリアは通常、国・地域ごとに海外用プランの料金を設定しています。

中には、渡航先の国・地域により、料金が割引の対象、またはデータ量を増量するキャンペーンなどを実施するをキャリアもあります。

ソフトバンク社を例にして挙げると、ソフトバンクは、一定のギガ数を定額で利用できる「海外あんしん定額」というプランを「定額国L」「定額国S」、地域別に分かれ料金とデータ使用量が設定されています。

そのプランの料金とデータ使用量は「定額国L」「定額国S」、地域別に決められています。


携帯キャリア4社別国際ローミングの料金表

日本の主要4携帯キャリアはいずれも海外で利用できる複数の定額制プランを提供しています。

プランを選ぶ決め手は、個々のスマホの使い方と旅行日数によります。

参考に、以下で各キャリアが提供するデータローミング用の料金プランを比較表にまとめました。

携帯キャリアプラン料金利用期間備考
楽天モバイル海外で2GB無料
(以降1GBあたりチャージ可能)
0円
(チャージ料金:500円)
最長30日間データ量は契約中のプランより差し引かれる
指定の69の国・地域で利用可能
NTTドコモ「世界そのままギガ」
契約中のプランのデータ容量を海外で使用
980円1日200以上の国・地域で最長30日間利用可能
NTTドコモ「世界ギガし放題」
データ量制限なし
2,980円1日対象国・地域を確認する必要がある
au by KDDI「世界データ定額」
契約中のプランのデータ容量を海外で使用
980円1日150以上の国・地域で利用可能
au/UQ mobile/povo1.0契約者に適用(条件あり)
au by KDDI「海外ダブル定額」データ量制限なし2,980円1日対象国・地域を確認する必要がある
ソフトバンク「海外あんしん定額」
定額国L・3GBの場合
980円1日対象国・地域を確認する必要がある
事前申し込み必須
適用条件あり
Y!Mobile/LINEMO契約者に適用(条件あり)
ソフトバンク「海外あんしん定額」
定額国S・3GBの場合
1,980円1日対象国・地域を確認する必要がある
事前申し込み必須
適用条件あり
Y!Mobile/LINEMO契約者に適用(条件あり)
ソフトバンク「海外パケットし放題」
データ量制限なし
2,980円1日対象国・地域を確認する必要がある
Y!Mobile/LINEMO契約者に適用(条件あり)
表1 携帯キャリア別国際データローミングの料金プラン比較表

国際ローミングサービスを利用するには?

まず最初に、契約中の携帯電話会社に問い合わせ、国際ローミングサービスが利用できるか確認しましょう。

そしてご希望の海外用料金プランを申し込み、端末内で必要な設定をし、渡航先でデータ通信ができる状態にしましょう。

ローミングサービスを利用するための準備は各携帯電話会社により異なります。今回は、ドコモを例として挙げます。

ステップ1.ドコモの場合、「WORLD WING」という名のローミングサービスに事前に契約していることが条件です。

My docomoから契約プランにより現在加入しているか確認しましょう。そうでなければ、申し込みをしましょう。

次に利用するプランを選びます。今回は、定額制プラン「世界そのままギガ」を契約した場合のiPhoneでの設定手順を見ていきます。

ステップ2.まずは、データローミングをオンにし、Wi-Fiと機内モードはオフにした状態にしましょう。次に、設定画面から「モバイル通信」>「通信のオプション」の順に選択し「データローミング」をオンにするだけです。


旅行中海外ローミングを正しく使うためのアドバイス

出国前

必ず契約先のキャリアに問い合わせ、契約中のプランはローミングサービスの対象であるか確認しましょう。

そして、利用可能な海外向け料金プランを調べ、希望のものを渡航前に申し込みしましょう。

もし、渡航先の国でローミングが利用できない場合は、海外eSIMデータプランを検討してみてください。

海外用プランへの加入手続きを済ませたら、目的地で問題なくデータ通信ができるように、携帯端末の設定画面でデータローミング機能がオンにできる状態であることを確認しましょう。

渡航先にて

データの消費量を確認しながらスマホを利用しましょう。

データ通信量に上限がある海外用プランに加入した場合、ギガを節約することをおすすめします。

動画の視聴は控えて、アプリの自動アップデートやダウンロードの設定をオフにしましょう。

これで、旅行先でギガ不足を回避できます。

海外ローミング以外に利用できるネット通信サービス

ローミングサービスの高額請求を回避したいなら、レンタルWi-Fi、海外プリペイドSIM・eSIM、フリーWi-Fiの手段があります。

どの手段がふさわしいのかは、ご自身のスマホの利用スタイルや旅行の目的が決め手となります。

今回は新しいSIM規格の「eSIM」を紹介します。

eSIMとは何か、簡潔に言いますと、デジタルSIMのことです。

eSIMに対応している最新のスマートフォン端末は、端末内にSIM機能が搭載されています。これにより、SIMチップの入れ替え作業が不要になりました。

この新SIM規格のおかげで、海外の旅行先で簡単にデータプランの契約ができるようになりました。

eSIMは、1台のスマートフォンに複数のSIMプロファイル(契約者情報)を同時にインストールできる機能が備わっているのが強みです。

これで、電話帳にある連絡先はすべてそのまま保有できるので、高額請求が発生する国際ローミングサービスに頼らなくても、契約中のSIMを差し替えることなく、データ通信が楽しめます。

海外eSIMならデータ無制限のHolafly!

海外eSIMを提供する会社は、ネット上で様々あります。

こちらでおすすめするものは、Holaflyのデータ無制限eSIMです。

Holaflyのオンラインストアでは、180以上の目的地で利用できるeSIMデータプランを提供しています。

利便性が高いHolafly eSIMで、旅の間は、お手頃な価格で快適なネット接続が利用できること間違いなし。

Holaflyの旅行者向けeSIMプランのメリット

  • 場所を問わずデータ専用eSIMをいつでも購入できる
  • 180か国以上の国でデータ通信サービスを利用できる
  • 5分以内にeSIMの購入と開通が完結できる
  • 現地キャリアの安定したネットワークに接続
  • 出発直前でも購入可能
  • 24時間年中無休、日本語対応のカスタマーサポートを提供

旅行中の不安を1つ減らしてくれる優れもの、海外eSIM。

面倒な購入手続きや会員登録は一切不要なHolafly eSIMを是非お試しください!

例えば、アメリカeSIMは、データ無制限を一日単位でご自由にカスタマイズできるプランを用意しています。


Holafly eSIMの使い方

以下で、Holafly eSIMの設定方法を説明した動画をご覧になれます。

動画1 Holafly eSIMのインストールとアクティベート 

HolaflyのようなeSIM専門サイトからのeSIMを渡航先で利用するには、スマホのシステム設定より「データローミング」機能をオンにするという指示があります。

この時、モバイルデータの主回線が海外eSIMプランに設定されていれば、追加料金・ローミング請求が発生することはありませんので、ご安心ください。


海外ローミングと海外eSIM、どれがおすすめ?

特徴eSIMでデータ通信ローミングでデータ通信
リーズナブルな価格設定
高品質な通信サービス
データ通信量が無制限
追加料金
テザリングオプション
インストール・設定は簡単
表2 eSIMとデータローミングの比較表

旅行先でeSIMを利用する場合、広範囲のエリアで電波が拾えるようにするためには、データローミング機能をオンにしたままデータ通信を行います。

これによるローミングの利用料金は発生しませんので、安心してネット通信を楽しめます。

選択したeSIMプランの内容により、データ通信は無制限で利用できたり、テザリング機能も利用できるものがあります。

国際データローミングと海外eSIMプランは、どちらも簡単に使えます。

唯一異なる点は価格で、リーズナブルに利用できるのは海外eSIMのほうです。


まとめ:海外ローミングの高額請求を避けたいならeSIMを使おう

渡航先では、日本と同様にスマホを利用したいが、ローミングの高額なサービス料金はなるべく避けたいという方は、HolaflyのeSIMがおすすめです。

ネット接続サービスの中でも旅行に最適な理由を以下でまとめました。

  • 身に覚えない高額請求を恐れずにデータ通信ができる
  • 契約中のSIMと連絡帳はそのまま保有
  • LINEで登録している番号は継続して利用できる
  • eSIMの購入と設定はすべてオンライン上で可能
  • メリット豊富なデータプランが選べる
  • 定額で利用できるデータプランを楽しめる

eSIMなら、SIMカードやレンタルWiFiとは異なり、送料の支払いは不要、待ち時間もありません。Holafly eSIMを利用して、旅行先で快適なネット接続を体験してみてはいかがですか?



データローミングについてよくある質問

海外データローミングとは?

ユーザーが海外でスマートフォンの利用ができるように、契約先の携帯電話会社が他国の携帯電話会社と提携を結び、渡航先で現地の携帯キャリアの回線を利用してデータ通信を行えるサービスのことです。
日本の主要キャリアの多くは、海外ローミングプランを事前に申し込むと、定額制の料金プランが利用できます。海外ローミングプランに加入しないで、ローミング機能をオンにしたまま渡航すると、課金が従量制となりで高額な通信料になりますので、注意しましょう。

海外ローミングの利用料金はいくら?

ローミングの料金設定は契約先の携帯キャリアと渡航先の国によります。各携帯キャリアの定額制ローミングプランは国・地域別で料金が設定されていることが多いです。

海外ローミングと同様に、国内ローミングはあるの?

はい、あります。両方とも、提携先の通信事業者の通信綱を借りて、エリア圏外で通信サービスを可能にする仕組みです。
国内ローミングの例として挙げられるのが、格安SIMです。自社回線を持たない格安SIMは、大手キャリアと提携を結ぶことで、「パートナー回線」によるローミングでその回線の一部を借りて、自社回線でカバーしていないエリアでサービスを提供する。

海外ローミングでは音声通話は可能?

ほとんどのキャリアでは、海外ローミングに対象しているプランを契約中であれば、海外ローミングサービスの加入を申し込み、データ通信はもちろん、通話やメールが利用できます。

データローミングの設定は端末から変更できる?

はい。携帯端末の設定画面からいつでもローミングの設定をオン/オフにできるので、思わぬ高額請求を回避できます。

海外ローミングを有効化するには?

まずは、渡航先でローミングサービスが利用できるか契約先のキャリアと確認することです。次に、スマートフォン端末の「モバイルデータ通信」から「通信オプション」をタップし、「データローミング」がオンになっているか確認。これで渡航先に到着したら端末はインターネットに接続します。

eSIMを使えばローミング料金は避けられる?

eSIMは高額になりがちなローミングサービスの代わりに使える海外でデータ通信を行う手段です。SIMチップの挿入が不要になったeSIMを利用するには、eSIMに対応したスマートフォン機種が必要です。