コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

[2024年]台湾旅行におすすめのSIMカード4選紹介!日本と台湾の空港、どこで購入するとよい?

おすすめの台湾プリペイドSIMを4選ご紹介。旅行中はスマホをとことん使えるようにしましょう!

Saori

3月 4, 2024

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 37.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

台湾旅行中もスマホでネットを使いたい。

できるだけ手間なく、お得に、ギガ数も気にせずに。でも、どうやって?

今回は、そんな疑問に答えるために、おすすめの台湾SIMカードを4つピックアップ。

台湾で使える手軽で便利なデータ無制限eSIMと合わせて、料金、メリット・デメリット、通信エリアや、日本と現地の空港どこで購入すればよいか、詳しく説明します。

台湾 観光客 背中 腕を広げている

台湾でスマホの利用は
eSIMが手軽!

SIMカードはもう古い!

\QRコードで簡単設定👌・即日利用⭕/

【読者限定】

5%OFFクーポン進呈中!

クーポンコード:MYESIMNOW5

世界的に有名なランタンフェスティバルなどのイベント情報や絶景スポットから路地裏カフェまで、

現地に着いてからもスマホで快適に情報収集ができるように、

コストメリットのある台湾SIMプランは、日本国内で買えるのか、あるいは現地なのでしょうか?

次に見ていきましょう。

台湾SIMは日本で買う?それとも現地?

台湾用のプリペイドSIMは、日本と台湾現地で購入できます。

それぞれの購入方法のメリットとデメリットを知り、ご自身に合った買い方をしましょう。

アジア系女性 困った顔 指を顎に当てている

日本でSIMカードを買う場合

日本にいるうちに、プリペイドSIMを購入できれば一番楽です。

現地でバタバタするよりも、台湾SIMカードを手に持って出発できれば、

何の心配もなく真っ先に旅を始めることができますからね。

日本で海外SIMカードを購入する方法は、通販サイトや海外SIM専門サイトで旅行の数日前に予約し、自宅配送で受け取りをするという流れです。

出発する空港で受取りができる会社もあります。

大手通販サイトで取り扱われているSIMカードの価格目安は、およそ700円~1200円です。

ただし、データ量は1GBで少なく、またデータ無制限との表記があっても、1日あたり2GBまでが限度であるSIMカードがほとんどですので、詳細をよく読んでから購入を決意しましょう。

台湾現地でSIMカード買う場合

台湾 街中 看板 バイク 道路

台湾の電話番号が必要な方は、現地でプリペイドSIMを購入しましょう。

台湾で買うと、日本よりも比較的安いSIMが手に入ります

台湾でプリペイドSIMを購入できる場所は:

・ 街中の携帯ショップ

・ 空港内のSIMカード販売ブース

の2か所です。

以下でそれぞれを見ていきましょう。

台湾現地でSIMカードを購入できる場所は?

台湾でSIMカードを提供する大手通信キャリアは、

・ 中華電信

・ T Star

・ Far EasTone

・ 台湾モバイル

現地ではいずれかの携帯キャリアによるSIMカードを購入すれば、安定した通信ができます。

台湾でSIMカードを購入できる空港

  • 桃園国際空港
  • 台中清泉崗空港
  • 高雄国際空港

上記空港の到着フロアでは、SIM販売ブースがありますのでそちらを探してみましょう。

購入には、パスポートの提示とその他購入者の個人情報が求められます。

桃園空港では、少なくとも600台湾ドルからSIMカードを購入できます。

空港でSIMを買う場合は、営業時間の確認と現金の用意をしましょう。

カード払いは基本的に可能ですが、何らかの理由で不可だった場合に用意しておくとよいです。

台湾空港内 桃園空港

空港のSIM販売ブースと街中のキャリアショップ、どこでSIMを買えばいいのかといいますと、空港です。

観光客向けSIMプランの種類は圧倒的に空港の方が多いです。

利用期間は一般的な30日間プランだけでなく、

180日、一年などといった長期間利用できるプランもあるので、幅広く対応しています。

では、以下で空港内に並んでいる携帯キャリア3社のSIMカードとそのプランを紹介します。

中華電信(Chunghwa Telecom)

台湾でシェアトップを誇る大手通信キャリア。

空港で用意されているSIMプランは計9種類。

その中でも観光客におすすめなのは以下の3つです。

「Unlimited Data Voice NT$500・NT$600・NT$800」

利用期間:  3日・5日・7日
データ容量: 無制限
通話:    $50分・$100分・$150分
料金:    NT$500・NT$600・NT$800(台湾ドル)

台湾モバイル

シェア2位の通信会社。

空港限定のプリペイドSIMは計9種類あり、データ無制限プランと上限ありのプランに分かれます。

いずれも4G回線速度の通信が可能。

空港限定SIMの特長は、利用期間が60日以上のプランのみを用意しているので、長期滞在を予定している方に向いています

「4G Unlimited Data」

利用期間:  60日~180日
データ容量: 無制限
通話:    $460分~$200分
料金:    NT$1,500~NT$3,500

T-star 台湾之星

格安プランを提供する比較的新しいキャリア。

カバー率は98%なので、新しいとはいえ、通信品質には問題ないと言えます。

空港限定SIMは、計7種類ですべて無制限データが利用できます。

「Unlimited Data Voice」

利用期間:  10日~180日
データ容量: 無制限
通話:    $100分~$4000分
料金:    NT$450~NT$4,000

台湾旅行にはSIMカードよりもeSIMが使いやすい

SIMカードのちょっと面倒だなと思っていたところを全部解消してくれるのがeSIMです。

📝 eSIMは、スマホ本体に内蔵されたSIM機能のことです。

そのため、eSIMの購入と設定は、最初から最後までネット経由で済ませることができます。

海外旅行においては、利便性が高いことから利用者が増えていてマストアイテムになっています。

eSIMに対応しているスマホを既にお持ちなら、eSIMは驚くほど便利です。

なんといっても、慣れない英語でSIMチップの購入や入れ替えを店員さんに頼むことが不要になるで、手間が減るのもうれしい点です。

白人男性 スマホ 見て 驚いている 手を胸に当てている

台湾旅行におすすめしたいeSIMは、Holafly(オラフライ) !

オラフライの「台湾向けデータ無制限eSIMをおすすめする理由は以下の4つです。

  • 4G速度のデータ通信が無制限
  • 使用日数の選択肢が幅広い
  • テザリング(1日最大500MB)が使える
  • 24時間年中無休の日本語カスタマーサポート
  • 購入と利用にかかる時間は数分のみ

オラフライeSIMなら、滞在期間に合ったプランを必ず見つかり、無駄のない使い方ができます。

データも使い放題で気にせずアプリやネット閲覧を楽しむことができます。

困った場合でも安心して問い合わせできます。

出発当日でも購入と受取りが可能で、設定もスマホ上で操作するのみ。

とても手軽です。

海外eSIM オラフライ Holafly 海外旅行 スマホ通信 データ無制限

iPhone・iPadGoogle PixelHuaweiGalaxy端末をお持ちの方はそれぞれの名前にクリックして、設定方法をご確認いただけます。iPhoneの場合、こちらの動画からもご覧いただけます。

Holafly「台湾向けeSIM」を買う前に確認したい4つのポイント

オラフライのeSIMを利用するためには以下を4点を確認しましょう

  • eSIM対応機種のスマホをもっていること
  • お使いのスマホがSIMロック解除済みであること
  • eSIMを送るために、有効なメールアドレスをもっていること
  • QRコードを正常に読み取れる携帯カメラを持っていること

ご自身のスマホがeSIMに対応しているかこちらのリストで確認しておきましょう。

Holafly「台湾向けeSIM」料金

HolaflyのeSIMはどんなタイプの旅行にも使えるように、幅広い使用期間で提供しています。

例えば、7日間の出張や、30日間・90日間の留学などに使えるeSIMを用意しています。

データ無制限料金
5日間2,400円
7日間3,400円
10日間4,400円
15日間5,700円
20日間6,900円
30日間8,400円
60日間10,400円
90日間11,900円
表1. Holafly eSIM データ通信専用プラン 料金プラン 

Holafly「台湾向けeSIM」の通信エリア

HolaflyのeSIMを使えば、台湾のほぼ全域で4G/LTE速度のデータ通信ができます。

台湾現地では「中華電信/台湾モバイル/Taiwan Star」大手通信キャリア3社の通信綱に接続します。

現地SIMと比べても引けを取らない高品質な通信を利用でき、快適です。

サービスエリアも、台北から高雄まで網羅されており、台湾を縦断・周遊する方も安心ですね。

中華電信(Chunghwa Telecom) 台湾内サービスエリアマップ

中華電信 台湾 通信エリア
引用元:GSMA

台湾モバイル 台湾内サービスエリアマップ

台湾モバイル 台湾 携帯キャリア 通信エリア
引用元:GSMA

Taiwan Star Telecom 台湾内サービスエリアマップ

台湾 Star Telecom  携帯キャリア 通信エリア 
引用元:GSMA

アジア2か国以上巡る方へ!💡

アジア11カ国で

無制限データが

3,400円~利用できる

周遊プランを提供!

「データ無制限・アジア周遊eSIM」の
詳細はこちら

台湾旅行におすすめのプリペイドSIMの比較

SIM・
eSIM
販売店
購入
方法
データ
通信量

料金
オラフライ
Holafly
eSIM
公式サイト無制限

2,400円~
中華
電信
空港の
ショップ
無制限

NT$500
(約2,300円)
台湾
モバイル
空港の
ショップ
無制限

NT$1,500
(約7,100円)
T-star 
台湾
之星
空港の
ショップ
無制限

NT$450
(約2,100円)

⚠ SIMカードもeSIMも、SIMフリーまたはSIMロック解除済みの端末が必要です。

⚠ SIMカードの場合、SIMカードのサイズやスマホが対応する周波数帯を事前に確認しましょう。

⚠ SIMカードを購入する際は、パスポート、SIMピンを持参しましょう。

まとめ:台湾旅行におすすめのSIMカードはどれ?

ここまで、eSIMを含め、台湾の空港で購入できるSIMカードを4つ紹介しました。

現地では、各携帯会社のショップからの購入も可能ですが、

観光客にとってお得なプランを見つけられるのは空港の店頭です。

そして、通信環境を手軽に、お得に確保できる手段、「eSIM」も紹介しました。 

空港のSIM売り場を利用すると、現金の用意、購入手続きに本人確認や慣れない言語でのやりとりが手間だと感じる人は少なくないでしょう。

そんな方は、ストレスなく購入から設定まですべてオンライン上で完結できるHolafly(オラフライ)のeSIMを検討してみる価値はあります。

次回の台湾旅行は、オラフライのeSIMでスマホをネットにつなげて、より快適に台湾を楽しみましょう!

龍山寺(ロンシャンスー) 台湾  観光スポット 旅行 スマホ 通信 海外eSIM データ無制限 Holafly

台湾SIMカードについてよくある質問

台湾でSIMカードは必要ですか?

観光旅行や海外出張で台湾に行く際、スマホをネット接続できると、現地の情報収集や日本の家族と友人とのやり取りができるようになるので、プリペイドSIMの購入は欠かせません。

台北のSIMカードはどこで買えますか?

台北では、桃園空港内と市内にある携帯キャリアの店頭で購入できます。
ただし、観光客向けSIMカードの在庫は、市中の携帯キャリアの店舗よりも空港の方が多いようです。

台湾でeSIMを使うには?

eSIMは電子的なSIMのため、ネット上のeSIM販売店で渡航先の国で使えるデータ付きeSIMの購入ができます。
購入した後は、eSIM提供先の手順に従ってスマホ上で設定操作を行うだけです。

契約中のSIMカードとHolafly eSIMは同時に使用できますか?

iOS端末をお使いの場合、物理SIMとeSIMを同時に使うことができます。
通話とSMSにはSIMカード、データ通信にはHolafly eSIMを選択し、使い分けて利用することができます。
注意点としては、物理SIMをアクティベートしたままだと、通話とSMSの送受信にローミング料金がかかる場合があるので、必要な設定を必ずしておきましょう。