コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

海外旅行にはレンタルWiFi?SIMカード?どちらがいいか検証しました!

海外旅行にはレンタルWiFiかSIMカード、どっちを持っていくか迷ってる方必見!それぞれのメリット・デメリットを解説して、旅行に必要なものはどれか比較検証します。

Saori

3月 13, 2024

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 36.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

海外旅行の際、スマホをインターネットに接続する定番の方法は、「レンタルWiFi」と「SIMカード」の2つ。

今回は、このレンタルWiFiとSIMカードのメリットとデメリットを解説しながら、どれを選べばいいか比較検証します。

海外旅行中、最適なネット環境を確保したい人はこの記事を参考にしてみてくださいね。

海外旅行 男性 レンタルWiFi SIMカード 迷う

海外旅行中スマホのネット利用はeSIMが手軽!

レンタルWiFi・SIMカードはもう古い!

\QRコードで簡単設定👌即利用⭕/

【読者限定】5%OFFクーポン配布中!

クーポンコード:MYESIMNOW5


海外レンタルWiFiの特徴

レンタルWiFiを一度は利用したことがある方は多いでしょう。

📖 持ち運びが可能な小型なWi-Fiルーターをレンタルすることで、

場所を問わずスマホやパソコンなどのデバイスをインターネットに接続できます。

モバイルWiFiルーター レンタルWiFi 通信機器 ポケットWiFi 海外旅行 スマホ

🧳 海外旅行で利用するには、海外レンタルWiFi会社のサイトから申し込みをします。

🖱️ サイト上で、旅行期間、目的地、受け取り方法を選択し、支払いを済ませると、後日自宅または空港カウンターで受取れます。

レンタルWiFiの使い方

実際の使い方は、通常の携帯用WiFiルーターと変わりません。

スマホ知識などがない人でも簡単に使える手段です👌

🛜 ご利用になるデバイスのWiFi設定から、

モバイルルーターに記載されている「SSID」と同じ接続先を選択して、

同じくルーターに記載されているパスワードを入力すれば接続が完了です。

女性 手に ポケットWiFi レンタルWiFi 通信機器 海外旅行 スマホ

🪫 使用する際の注意点は、紛失しないように、電池切れにならないように気を付けることです。


海外レンタルWiFiの利用料金

レンタルWiFiのサービス料金はSIMカードに比べると割高です💰。

日本で有名なレンタルWiFi会社のプランは、データ容量別に1日単位の料金が設定されています。

ポケットWiFi レンタルWiFi 通信機器 パソコン 海外旅行

1日あたりのサービス料金は、約500円~3,000円近くします。(500MBから無制限までデータ量によって料金が変わります。)

しかも、通信端末のレンタル代が別途かかる場合もあり、

送料や受取手数料は利用者負担という場合も多いです。

➕❤️‍🩹 端末補償のオプションサービスを付けることになると費用はさらに膨らみます。

例えば、5日間の旅でおおよその料金は合計1万円前後になります。


海外旅行用レンタルWiFiを使うメリット・デメリット

⭕ 複数のスマホでネットを使う家族・グループ旅行では、利用料が割安 🌀 別行動中は使えない
⭕ パソコンやタブレットなど複数の端末
を利用する方にも便利
🌀 充電をこまめにしなければいけず、充電ケーブルなど荷物が多くなる
⭕ セキュリティ面で安全🌀 安心補償への加入で費用がかさみ、紛失しないように気を配らなければいけない

家族や友達、大人数で利用する場合、それぞれでネット手段を用意するより費用を安くすることができます。

また、複数の端末を同時に接続したり、パソコンで重い作業をする方は、お1人でも、レンタルwifiを使うメリットがあるでしょう。

白人女性 キャリアウーマン 出張 スマホ片手 電話 パソコン

😖 不便な点を挙げると、常にモバイルルーターを持ち運ぶ必要があることです。

大人数で使う場合、別行動できないのも難点。

🔌⚡ また、通信端末だけではなく充電器などその他のアクセサリーも持ち運ぶことになるので、荷物が多くなります。

最後に、レンタルしている製品なので、紛失・故障に気を付けなければいけません。

これらのデメリットはありますが、複数端末に繋げる必要があったり、他の接続手段でテザリングが無理であれば、レンタルWiFiは1つの選択肢です👍

レンタルWiFiは海外旅行で複数のデバイスを使う人に向いている

レンタルWiFiは、複数の端末を持ち運ぶ海外出張、ノマドワーカーやグループ旅行に向いています。

動画のアップロードやライブ配信など、通信量を多く使うインフルエンサーにも向いているネット接続サービスです。

そして、SIMロック解除ができないスマホをお持ちの場合、モバイルWiFiルーターは代わりに使える手段になります 🙆。

グループ旅行 3人 スマホ 見ている

海外SIMカードの特徴

📖 SIMカードは、携帯電話でモバイル通信を可能にするICカードのことです。

🧳 基本的に、海外旅行で使えるSIMカードは前払い式で購入できるプリペイドSIMです。

長期契約が不要で使い切りのため気軽に買えて、追加料金が発生する心配もありません😌。

SIMカード プリペイド 海外旅行

海外プリペイドSIMの特徴・スペックは、日本のSIMと現地のSIMで異なります

🛬 旅行先で購入できるSIMは、あらかじめ決められた利用期間とデータ容量に、現地の電話番号が付いているのが特徴的です。

🛫 国内で買える海外SIMは、データ通信専用のものが多いです。また、旅行先の人気度により、選べるプランの数・内容が変わります。

👁 プリペイドSIMには有効期限があるものが多いので気を付けましょう。

海外旅行用SIMカードの使い方

SIMカードを使用できるまでの流れは:

SIMカードを手に入れたら → スマホ端末に挿す → 自動的に契約先キャリアのネットワークに接続(必要であればシステム設定画面からAPN設定を行う)

旅行先に到着後、日本のSIMカードから現地用のSIMカードに差し替えると、すぐに現地の電話回線に繋がり、データ通信と通話ができるようになります。

繋がらない場合は、APN設定が必要になります。

※APN設定とは、新しいSIMカードを使用する時の端末上での初期設定です。

海外旅行用SIMカードを使う際の注意点

SIMカードを購入・利用する際の1つ目の注意点は、SIMのサイズ。

お使いのスマホ機種に合ったサイズのSIMカードが必要になります。

SIMカード サイズ nanoSIM 標準SIM microSIM SIMピン スマホ 海外旅行 通信

SIMカードには、Nano SIM、MicroSIM、標準SIMの3種類があります。

どのサイズがご自身のスマホに使われているか、確認しておきましょう。

2つ目の注意点は、日本のSIMカードをなくさないように気を付けることですね。

SIMカードはとても小さいので、落としたり紛失しやすいです。

3つ目は、購入時の手続きと登録です。

🪪 渡航先の携帯キャリアが手配する観光客向けのSIMカードを購入する場合は、手続きにパスポートが必要であるほか、利用者登録も行う場合があります。

少し手間がかかりますが、販売先の店員に必ずやってもらうようにすれば、SIMカードを利用できます。

海外旅行用SIMカードの利用料金

日本で買える海外SIM、渡航先で買える現地SIM、どちらを選んでも、レンタルWiFiに比べて安い場合が多いです。

旅行用SIMの相場は、その国の物価で決まるので、物価が安い国だと現地の方が安いプランが見つかりやすいと言えます。

👀 人気の旅行先の1つ、タイ向けのSIMカードを例に挙げると、料金は日本と現地でさほど変わりません。

タイ現地で購入できる大手キャリア「AIS」のSIMカードは、30日間・データ容量15GBのプランを約1200円から利用できます。

日本の大手通販サイトで同じデータ量のSIMを7日間プランで買った場合、1000円前後になります。

📌タイで使えるSIMカードをお探しなら、「タイ旅行におすすめのSIMカード3選」をまとめた記事をご覧ください

海外旅行用SIMカードを使うメリット・デメリット

黒人男性 旅行者 眼鏡 笑顔 スマホ片手 電話 コーヒ―飲んでる 
⭕ WiFiレンタルよりも安い

 利用に必要なのはスマホのみ

⭕ 利用期間やデータ容量のバリエーションが豊富

⭕ 電話番号が利用可能

⭕ すべてのスマートフォンが対応
🌀 現地言語でのやり取りが必要

🌀 利用者・実名登録が必要な場合も

🌀 SIMフリーのスマホ・タブレットのみ

🌀 初心者にはSIMのAPN設定が少し面倒

🌀 Bluetoothのテザリングを使うと、スマホのバッテリー消費が激しい

SIMカードを使うメリットは何よりも、通信費を抑えられることです。

旅行先でSIMカードを買うと、国内よりもデータ容量が多く、利用期間も長く、全体的にバリエーション豊富でお得なプランを利用できます。

デメリットは、訪問する国によっては、SIMカードを利用するためには個人情報の登録を行うことが義務化されていて、手続きに手間がかかる場合があること。

現地では店員さんとやり取りを行うことになるので語学力も必要になってきます。

ジェスチャーで満足のいく購入をできる人もいれば、詐欺的な行為にはめられる・希望のプランを買えなかった人もいます。

旅行初心者で現地SIMを買う予定の人は、慎重に検討しましょう。

料金重視でスマホのみ使うならSIMカードが向いている

白人女性 観光客 イタリア スマホ 自撮り 笑顔

📞 渡航先の電話番号が必要な方は、レンタルwifiにはその機能がないので、現地のSIMを買う必要があります。

スマホの操作や一人旅に慣れている人は、現地のSIMカードを買っても問題ないでしょう。

😰 旅行先で買えるかどうか不安な人は、日本で海外SIMを購入しておきましょう。渡航先に着いたら、カードを入れ替えるだけで簡単にネットに繋がります。

📝 テザリング(インターネット共有)が許可されていないSIMカードプランが多いため、SIMカード1枚につきネット接続できるスマホは1台のみと、認識しておいた方が無難です。

海外SIMカード対レンタルWiFiの比較表

ここまで、レンタルWiFiとSIMカードについて、それぞれ詳しくみてきました。

どちらが海外旅行に良いかは、利用者のニーズや旅行の目的によって決まります。

以下の表に、両者の大まかな違いをまとめました。

SIMカードレンタルWiFi
必要事項SIMロック解除済みの確認
必要であれば個人情報の登録を行う
安心補償への加入
複数端末での利用△(テザリングに対応していないプランが多い)
料金体系最低限のデータ量で安くて10ドル前後約300円~3000円
対応機器すべてのSIMフリースマホパソコン、スマホ、その他通信できるデバイス
どんな人向け?旅慣れた人や電話番号必要な人出張・留学・大人数旅行

手間なく即日利用したいなら海外eSIM

旅行先でSIMカードを確保する場合、言葉の壁があったり、購入手続きが面倒だったりします。そこで検討したいのが、「eSIM」です。

デジタル化されたSIMの登場により、これらの不便が極力最小限になりました。

従来のSIMカードと同様、レンタルWiFiの比べ、eSIMプランのほうが格別に安いです。

eSIMの特徴

◆ スマホ・タブレット端末内に内蔵された、電子的なSIMチップ

◆ SIM契約者情報は、QRコードでスマホにダウンロードするため、SIMカードの交換は不要

◆ eSIMを使うには、eSIM対応機種が必要
さらに詳しい情報は、「eSIMの基本情報をまとめた記事」をご覧ください。
イラスト eSIMとは qrコードでインストール スマホ

eSIMはデジタル化したSIMなので、SIMチップの挿入ではなく、ネット経由でeSIMプロファイルが手元のスマホに数秒で届きます。

そして、設定も一人で手軽にできる点が、旅行者にとって最大のメリット。

語学が苦手な方、旅行先でSIMカード販売店を見つける時間がない方に、ピッタリな手段です。

💬海外旅行用eSIMについて詳しく知りたい方は、海外eSIMを使うメリット・デメリット、利用方法とおすすめの販売店をまとめたこちらの記事も要チェック!

おすすめはオラフライの海外eSIM

Holafly オラフライ 海外eSIM データ無制限 アジア 即日利用

オンライン上では、色々なSIMカードやeSIMが販売されていて、どれが正規のものなのか、より良いプランなのか、分からなくて困ることも。

そんな時におススメなのが、Holafly(オラフライ)です。

eSIMの普及が進んでいるヨーロッパ発の会社で、業界の中でもいち早くeSIM専門に特化したサイトを運営しています。

オラフライ「海外eSIM」のメリット・デメリット

オラフライの海外向けeSIMの特徴をメリットとデメリットで紹介します。

ハワイ、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、台湾、東南アジアなど、人気の旅行先で使い放題(無制限)プランをお得な価格で使えるのが、最大のメリットです。

メリット
⭕ 日本語に対応したウェブサイトとカスタマーサポート 
⭕ データ無制限プラン:データ不足の心配や買い足しが不要
⭕ 1日から90日まで自由に選べる利用日数
⭕ お得な料金設定:データ無制限プランが5日2,400円~
⭕ 数分以内に設定が完了:QRコードでダウンロード
⭕ 日本のSIMの取り出し不要LINEもそのまま使用可能
デメリット
△ eSIMに対応しているスマホが必要

△ 通話・SMSが利用できない

△ 一部の目的地では、データ無制限プランやテザリングが利用できない

ハワイへ行くなら、スマホの利用はeSIMが便利!

レンタルWiFi・SIMカードはもう古い!

\QRコードで簡単設定👌・即日利用⭕/

【読者限定】5%OFFクーポン配布中!

クーポンコード:MYESIMNOW5


まとめ

白人女性 笑顔 

ここまで、海外旅行用のSIMカードとレンタルWiFiの基本情報を解説しました。

海外旅行にSIMカードとレンタルWiFiのどちらがいいかは、一概には言えず、利用者個人のニーズによって、向き不向きがあることをお分かりいただけたと思います。

「レンタルWiFi以外に安く大容量でデータを使いたい」

「SIMカードの設定が面倒」

という方には、「データ無制限の海外eSIM」がおすすめです。

使い方はとても簡単で、購入から設定までスマホ1台で完結。旅行中ずっとスマホでネットが使えて、海外旅行に大活躍します。

次回の旅行にぜひご検討ください。

eSIM 海外eSIM オラフライ データ無制限 qr

SIMカードとレンタルWiFiに関するよくある質問

海外旅行にSIMとWi-Fiどちらが良いですか?

旅行中、複数のデバイスをネットに接続したいなら、レンタルWiFi。スマホのみでネットを利用するなら安いプランが選べるSIMカードが良いでしょう。

韓国旅行にはSIMカードとWi-fiどちらが良いですか?

韓国では、飲食店への予約や順番待ちに、SMSによる通知システムを導入していて、電話番号が必要になります。そのため、電話番号が付いた韓国向けのSIMが便利でしょう。

海外旅行でSIMカードを使うメリットとデメリットは?

海外旅行でSIMカードを使うメリットは、通信費を抑えられることと、必要なものがスマホ1台のみであること。荷物が増えたり、返却の手間はありません。
反対に、差し替えの手間と紛失や破損のリスクがあり、場合によってはAPN設定や実名登録が必要になる点がデメリットです。