コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

パナマのインターネット事情: 最適な接続方法とは?

パナマには多くのインターネット接続方法があります。HolaflyのeSIMを始め、SIMカード、ローミング、無料WiFi、ポケットWifiなどがあり、それぞれのオプションの特性、価格、購入方法などについて詳しく解説します。

shiery

5月 27, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 37.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

パナマ楽園ボカス・デル・トロサンブラス諸島の美しさを堪能する際に、インターネットがあれば出来る事の可能性が広がります!快適なネット通信を利用出来れば、現地の人気ツアーやアクティビティの時間を確認したり、美味しいレストランを検索したり、SNSで美しい海のパノラマ写真を投稿したりなど様々な事が出来ます。

本記事では、パナマでインターネットを利用するためにどのような選択肢があるのか、また購入先、デメリット・メリットについて解説していきます。良質で低コストのeSIMを始め、SIMカード、ローミングなど様々なオプションを紹介。旅行中に追加費用の心配をしたり、帰国後の高額請求に驚かないように予め最適な接続方法を選んでおきましょう。

以下では、eSIMを使用してモバイルデータを取得する方法から購入時に使える割引クーポンまで!

パナマでのインターネット接続

5%OFFクーポンコード【MYESIMNOW5】を使って、世界中のどこからでも購入できるHolaflyのパナマ向けeSIMをゲットして、QRコードをメールで簡単受信!

インターネットに接続して、より素敵な旅行ライフを満喫しましょう。

パナマ インターネット プリペイド 接続 旅行
パナマ向けeSIMをゲットして、ネットに繋がった旅を満喫しよう!引用元: Holafly公式サイト

パナマでのインターネット事情について、この後も解説していきますのでお見過ごしなく!

パナマでインターネットに接続する方法

ネットで検索すると、インターネットを利用するためのオプションは沢山あり、各国の主な通信事業者の公式ウェブサイトを見れば、旅行者向けに提供しているサービスについて知ることができます。しかし、情報があいまいな場合や多言語対応をしていない場合、比較するには時間が掛り、面倒になってきますよね。でも、安心してください。

この記事さえ読めば、eSIM、SIMカード、ローミング、ポケット型WiFi、無料WiFiなど、パナマに旅行する際に利用できるインターネット接続方法を知ることが出来ます。また、これらのオプションの基本的な情報、例えばオンラインストアや実店舗といった購入方法を始め、特性、価格、注意点などの情報を比較することができます。ご自身に合った接続方法を見つけましょう!

パナマ向けeSIMの知っておくべきこと

近年、安全で簡単に購入・設定できるインターネット接続方法として知られているeSIMを聞いたことがありますか?eSIMとは、従来の差し込み必要な物理的なSIMとは違い、すでに端末に搭載されている電子的なSIMです。

つまり、予め埋め込まれたチップにインターネットを利用して契約する通信事業者の情報を書き込むことができます。eSIMは、オンラインショップで入手でき、インストール・アクティベーションも数分で行うことが出来る便利なオプションです。

特に、Holaflyのパナマ向けeSIMを購入する際に会員登録は不要で、簡単に購入可能。出発前の日本にいる時点でオンラインから購入できます。

ただし、バーチャルチップは最新世代の機器に挿入されるため、すべての携帯電話に対応するわけではありません。なので、購入する前にeSIMに対応する携帯端末をチェックしましょう!

Holaflyのパナマ向けeSIM

コロンバス、デビッド、そして全パナマで快適にモバイルデータを利用したいのなら、Holaflyのパナマ向けeSIMがおすすめ。旅行前に料金や利用日数を把握することができるので、帰国後、データローミングのように高額請求に驚く必要はありません。

また、パナマの大手通信事業者のネットワークに接続するため、最大速度の4G/LTEでネットを楽しむことが出来ます。

パナマ向けeSIMのメリット

  • データ容量が無制限でギガ不足の心配がありません。
  • ご自宅からオンラインで購入可能なので、旅行先で時間を無駄にすることを避けることができます。
  • LINEで登録している電話番号は携帯端末にそのまま維持できるので、旅行中でも家族や友達と連絡を取ることができます。
  • 登録したEメールに届くQRコードをスキャンすれば、すぐにインターネットに接続できます。
  • ローミングの使用や無料WiFiスポットを探す心配は必要はありません。

パナマ向けeSIMの料金

幅広い利用期間、データ容量が無制限、簡単にインターネットを利用できる接続できる最適なオプションは、Holaflyのパナマ向けプリペイドeSIMです。

使用期間データ容量料金
5日間無制限¥3,400
7日間無制限¥4,400
10日間無制限¥4,700
15日間無制限¥5,700
20日間無制限¥6,900
30日間無制限¥9,400
Holaflyのパナマ向けeSIMは、円、ドルなどで支払いが可能です

eSIMの設定方法 ‐ Holafly

パナマ向けHolafly eSIMの購入が完了したら、次はeSIMを設定しましょう。2つの設定方法からお選びいただけます。QRコードをスキャンして設定する方法と公式アプリを使って設定する方法があります。ここでは、QRコードを使った設定方法を簡単に説明していきます。

インストールとアクティベート方法をより簡単に行いたいならば、こちらの動画を見ながら設定することをおすすめします。

インストール方法

1.eSIMのデータプランを追加

  • 「設定」>「モバイル通信」>「モバイル通信プランを追加」の順に選択する。

2.QRコードまたは手動でeSIMをインストール

  • Eメールに届いた、QRコードをスキャンする。
  • 手動でeSIMをインストールする場合:Holafly公式サイト(Holafly)>「My eSIMs」でインストールしたいeSIMを選んで、インストール方法を選択。

3.eSIMの名前を変更

  • eSIMをインストールできたら、区別するために個人タグを入力する。(例、Holafly – パナマ)

4.主回線をデフォルト回線に設定

  • 通話とSMSの送受信が継続して利用できるように、契約中の回線をデフォルト回線として選択し、「続ける」にタップ。

5.iMessage、FaceTime、Apple IDの追加

  • iMessageとApple IDを使い続けるには、「主回線」に変更し、「続ける」をタップします。

6.Holafly eSIMの回線をモバイルデータ通信として設定

  • APN設定を確認するために、eSIMのデータプランを選択。
  • 要注意:契約先の回線から海外ローミング請求を避けるためには、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオフにする。

7.APN設定を確認

  • APNを変更することで、モバイルデータ通信が利用可能。
  • Holaflyの公式サイト(Holafly)で、「My eSIMs」から、ご希望eSIMを選び、お好みのインストール方法を選択すれば、APNの詳細情報を確認。

8.必要に応じて、APN設定を更新

  • 「設定」>「モバイル通信」>「eSIMプランの選択」>「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、eSIMのAPN設定に変更。その他のAPN項目の選択は自由。

アクティベーション方法

1.eSIMをアクティベートする

  • お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「eSIM」の順に進み、eSIMを有効(オン)にする。
  • eSIMを主回線として設定するには: お使いのスマートフォンの「設定」へ行き、「モバイル通信」>「主回線」>「回線を選択」の順に進み、eSIMの回線を選択。
  • 注意:「モバイルデータ通信の切り替えを許可する」オプションをオフにして、不要なローミング料金を避けましょう。

2.eSIMを正しく機能させるために、データローミングを有効化する

  • eSIMの設定方法の詳細については公式サイトのHolaflyから確認可能。
  • アクティベートするには、「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信」の順に進み、「eSIM」を選択。

パナマ向けSIMカードを現地で購入する方法

もし、お使いの携帯端末がeSIMと互換性がなかったり、旅行前にポケット型WiFなどをi購入する時間がなかった場合、SIMカードをパナマに到着してから買うことも出来ます。しかし、パナマで最も優れた通信事業者はどこか、またそのメリットとデメリットを知っておくことが重要です。

また、すべてのショップで英語対応が可能ではなかったり、チップを入れ替える際に紛失するおそれがあったり、いくつかのデメリットがあるので注意しましょう。SIMカードのより詳しい情報はこちらの記事ご覧ください。

空港、テクノロジーショップ、スーパーマーケット、各通信事業者の公式ショップなどで、パナマ向けSIMカードを入手することができます。パナマの大手通信事業者は、Tigo Panamá、Digicel Panamá、Claro Panamáです。

Tigo Panamá (ティゴ・パナマ)

Tigo Panamáは、この国で最も有名な通信事業者の1つですが、主要都市でのみ良好なカバレッジを提供しています。Claroと同様、SIMカードは街の様々な所にある公式ショップで見つけることができます。また、自分にピッタリなオプションをさまざまなデータパッケージから選択することができます。7日間と15日間の無制限データプランがありますが日数が少ないためリチャージする必要があります。15日間のプランには2.5GBのデータ量を3Gの速度で利用でき、他のオペレーターへの通話が25分、同じTigoラインへの通話・SMSは無制限などのサービスが含まれています。

Digicel Panamá (デジセル・パナマ)

Digicelは、中米、カリブ海、南米など、様々な国や地域でサービスを提供している大手通信事業者です。プランに応じて、モバイルデータ量が不足した場合、リチャージすることが出来ます。パナマでは、7、14、28日間のプリペイドパッケージがあり、データ通信、同じDigicelラインへの通話時間、1または2GBの共有可能なデータが含まれます。

Claro Panamá (クラロ・パナマ)

Claroは、ラテンアメリカの主要なオペレーターの1つであるため、パナマ国内でのカバレッジはかなり広いです。データ共有が可能なプランもあるので、複数のデバイスまたは、大人数でデータを共有したい場合はおすすめです。パナマに滞在する日数に応じて、さまざまなオプションを提供しており、3日、7日、10日、15日間からお選びいただけます。このプランは、無制限データ、Claroの回線への分数、SMSが含まれています。

空港で購入できるSIMカード

トクメン国際空港:空港内にはパナマの大手通信事業者(Digicell、Mas Movil、Tigo, Claroなど)の広告はありますが、残念ながらこれらの公式ショップはありません。Travel Data Globalという様々な携帯キャリアのSIMカードを販売している店しかありません。この店のキオスクは空港の様々な場所に設置されていますが、違う通信事業者でありながらも全く同じ観光用SIMカードを高額な値段(30ドル、約4,100円で1週間、モバイルデータを無制限で利用できるプラン)で販売しています。なので、公式ショップに行く機会があるなら、そこでお得なオプションや料金から選ぶことをおすすめします。

ローミングを利用してパナマでインターネットに接続する方法

ローミングとは、普段利用している通信事業者のサービスを、カバレッジ外でも、提携を結んでいる他の事業者の回線に接続することで利用出来るようになるサービスです。また、そのようなサービスを海外で受けられることを「国際ローミング」といいます。多くの携帯キャリアがこのサービスをどこでも利用できるようにしていますが、使用した分数、メッセージ、MBに対して非常に高い料金がかかることが最大のデメリットです。そのため、旅行後に請求書を確認すると普段使用しているモバイルプラン、さらにローミング料も加算されて高額料金に驚くことでしょう。自国の通信事業者が提供するサービスやプランの料金を把握しておくと、旅行の計画を立てる際に失敗が少なくなります。

以下は、パナマ向けに日本の大手通信事業者が提供しているローミングプランと料金の比較表です。

通信事業者データ量価格利用期間備考
NTTドコモ契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。¥14,70015日間7日間が最大日数なため、利用し続けるには更新する必要がある。
au by KDDI契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。¥14,70015日間アプリをダウンロードする必要がある。
最大8日間、使い続けるには更新する必要がある。
ソフトバンク契約しているデータプランに割り当てられているデータ量を使用。¥14,70015日間特定プランに申し込みすること。
ウェブ使用料、4Gデータ通信基本料または、対象料金プランに加入していること。
日本キャリア別国際ローミングサービスの料金表。

パナマでポケット型Wi-Fiを利用してインターネットに接続

ポケット型WiFiとは、小型で持ち運び可能なWiFi通信端末です。タブレットやノートパソコンなど、スマートフォン以外の通信機器でもインターネットに接続することが出来ます。また、複数人でネットを利用したいときにもおすすめです。デメリットとしては、端末のバッテリーが無いと使えないので、常に充電していることに注意しなければなりません。さらに、レンタル料、データプラン料、そして紛失した場合は罰金など、色んな料金を支払わないといけないので、この点を購入際に検討しましょう。

グローバルWiFi

4G回線速度のパケット定額制プランを提供。受取・返却は宅配便や全国17空港のカウンターで可能。

  • 300MB/日の通常プラン:1,770円
  • 600MB/日の大容量プラン:1,570円
  • 1.1GB/日の超大容量プラン:2,570円

イモトのWiFi

データ量が異なる3つのレンタルプランを提供。受取り方法は宅配、本社、空港カウンター(成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港)。

  • 500MB/日の大容量プラン:1,660円
  • 1GB/日のギガプラン:1,860円
  • データ使い放題の無制限プラン:2,380円

パナマで無料WiFiを利用してインターネットに接続する方法

インターネットが必要なのに、SIMカードのプランが終わってしまったり、何らかの理由でポケット型WiFiが壊れたりした場合、街中の無料WiFiスポットを利用することができます。このオプションは、緊急時には最適な選択肢ですが、多くの人が利用するため通信は不安定であり、スムーズにブラウジングすることが出来ません。また。暗号化されていないフリーWiFiの場合、安全でないネットワークであるため、のぞき見や盗聴などの被害に合う危険性があります。そのため、使用することをおすすめしません。

パナマでは、ホテル、レストランやカフェなどの飲食店で無料WiFiサービスを提供しています。WiFi SpaceやInstabrigeなどのウェブサイトを使ってフリーWiFiスポットを探すことができます。

eSIMを使用するための要件 ‐ Holafly

本記事で、パナマで最適なネット環境を入手するための様々なインターネット接続オプションを紹介しましたが、1番のおすすめはeSIMです。出国前、事前にデータプランの確認ができ、数分で購入そして設定を行うことができます。現地に到着してからのSIMカード販売店探しや帰国後の高額請求など、eSIMを購入すればこのような心配をする必要はありません。もしeSIMの購入を検討しているのであれば、4つの要件を確認しましょう。

  • 使用中のスマートフォンがSIMロックフリーであること。
  • eSIMと互換性がある携帯端末を持っていること。
  • eSIMの登録と受け取るために、有効なEメールを持っていること。
  • eSIMのアクティベーションをする際にインターネット接続が可能であること。

パナマで利用可能なネット回線速度

Holalyのパナマ向けeSIMは、国内で大手携帯通信会社のTigo Panamáの回線を利用してサービスを提供しています。4G回線を利用して最大速度でパナマの様々なエリアでインターネットを楽しむことができます。ただし、カバレッジが狭い地域では、スマートフォンの接続速度が低下する可能性がありますので、以下のパナマ内での通信対応エリアを地図で確認してみましょう。

Tigo Panamá パナマ国内のサービスエリアマップ

パナマ インターネット 接続 回線速度マップ
Tigo Panamá パナマ内のサービスエリアマップ 引用元:GSMA

パナマでおすすめのネット接続方法

eSIMが、適正な価格と使いやすさを備えたオプションであることは間違いありませんが、特にHolaflyのパナマ向けeSIMがおすすめです。身分証明書の提出や会員登録なしに、旅行先に到着した瞬間からインターネットに接続できます。

また、事前にオンラインで購入でき、QRコードが記載されたEメールを受け取りスキャンすれば簡単に設定ができます。

パナマで快適なネット環境を入手し、楽園のような美しいビーチでバケーションを最大限に楽しみましょう!

パナマ向けeSIMに関するよくある質問

最後に、Q&Aによくある質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

パナマではどのような接続方法がありますか?

パナマでインターネットに接続する方法は様々あり、データプラン、料金、購入方法が異なります。オプションの中にはSIMカード、ローミング、ポケット型WiFi、無料WiFiがありますが、おすすめは簡単に購入・設定ができ、快適なインターネットを利用できるHolaflyのパナマ向けeSIMです。

パナマ向けeSIMを購入する際は、アカウントを作成する必要はありますか

Holafly eSIMの購入には会員登録や定期契約をする必要がないのでお気軽に購入できます。有効なEメールがQRコードメッセージを受信するために必要になりますのでご準備ください。

国際データローミングとは?

国際データローミングは、日本で契約している通信事業者のカバレッジ外にいても、旅先の現地の通信事業者の回線に接続しデータサービスを受け続けることができるサービスです。ローミングを利用すれば、海外でもモバイルデータを使用することができますが、高額な請求を帰国後に受ける事になります。したがって、大幅に安く、快適なインターネットを楽しめるHolaflyのeSIMをおすすめします。