コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

【手順を解説】eSIMをApple Watchに設定する方法

本記事では、eSIMをApple Watchに設定する方法を解説します。設定方法だけでなく、購入前や設定前に気を付ける点も紹介しています。

Saori

9月 19, 2023

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 38.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

この記事では、スマートウォッチの中でも特に人気のApple Watch(アップルウォッチ)にeSIM(イーシム)を設定する手順を説明します。

以前の記事で、eSIMをiPhone XR、XS、iPadに設定する方法をお伝えしました。

今回は、Apple Watchをお持ちの方に、eSIMを設定する方法を分かりやすく説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

海外旅行にはeSIMが便利!

\QRコードで簡単設定?/

【読者限定】5%OFFクーポン進呈中

クーポンコード:MYESIMNOW5

eSIMとは?

eSIMは組み込み型のSIMのことをいいます。

Apple Watchは、その端末内にSIMが内蔵されているので、SIMスロットも、カードの抜き差しも不要になりました。

iPhoneを含む一部の携帯端末には、デュアルSIMという、SIMとeSIMの両方を使用できる機能が搭載されています。

これにより、1台の端末に2つの回線を同時に使用することができます。

eSIMとApple Watch

携帯端末と連携して動作するApple Watchには、デュアルSIM機能を利用することができます。

Apple WatchでeSIMの設定方法

Apple WatchのeSIMは、iPhoneにすでにインストールされている「マイウォッチ」アプリから管理できます。

まずは、設定に必要な環境や条件を確認しておきましょう。

必要なものは?

  • iOSの最新バージョンにアップデートされている、iPhone XS、XS Max、XR以降
  • WatchOSの最新バージョンにアップデートされている、Apple Watch Series 3以降(GPS + Cellularモデル)
  • Apple Watch向けのeSIMプラン

設定手順

Apple WatchでのeSIMの設定方法は、大きく2つのステップに分かれています。

  • iPhoneとApple Watchを連携(ペアリング)する
  • データプランを追加する

それぞれのステップを簡単に説明します。

holafly apple watch iphone eSIM設定方法
引用元:Apple公式サイト サポートタブ

?Apple Watchの単体利用する方法については以下の記事からご参照できます↓

1.iPhoneをApple Watchと連携する

Apple WatchとiPhoneを、次のペアリング手順に従って、連携しましょう。設定が完了すれば、Apple WatchでiPhoneの様々な機能を遠隔操作できるようになります。ペアリングを設定している間は、iPhoneがApple Watchの近くにあることが必要です。

所要時間: 5分

Apple Watchをスマホと連携する手順:

  1. iPhoneをインターネットに接続する

    Wi-Fiに接続されている、または、データ通信が有効になっていることを確認する。

  2. Bluetoothをオンにする

    設定画面から、「Bluetooth」を選択して、有効にする。

  3. Apple Watchを起動

    Apple WatchのサイドボタンをAppleのロゴが表示するまで長押しする。

  4. デバイスのサイドボタンをAppleのロゴが表示するまで長押しする。

    Apple WatchをiPhoneに近づけて、iPhone画面に「Apple Watchをお持ちの場合、ここで設定できます」のメッセージが表示されたら、「自分用に設定」にタップする。

  5. Apple WatchとiPhoneをペアリングする

    画面に表れた枠の中にApple Watchを収めて、「ペアリングが完了しました」というメッセージがが表示されれば、連携が完了。

  6. Apple Watchを設定する

    「Apple Watchを設定」をタップします。

  7. 利用規約に同意する

    利用規約をよく読んだ後、「同意する」をタップ。

  8. パスコードを設定する

    パスコードを作成しましょう。端末の決済機能を利用する方には、パスコードは重要です。

  9. Apple Watchにアプリをインストールする

    お好みのアプリを選択してApple Watchにインストール。

  10. Apple WatchとiPhoneの同期が開始

    「Apple Watch と同期中です」と表示されたら、iPhoneを近づけたままにし、同期完了を知らせる通知音が鳴るまで待ちましょう。

  11. 詳細情報

    Apple Watchの初期設定の詳細については、Appleの公式サイトで確認できます。

holafly apple watch iphone eSIM設定方法
引用元:Apple公式サイト サポートタブ

2.eSIMデータプランを追加する方法:

Apple WatchにeSIMデータプランを追加するには、以下の手順に従いましょう。iPhoneの電源が切れても、家に置き忘れても、Apple Watchは単体でデータ通信が可能なので、これだけを持って外出もできます。

  • iPhone端末からデータ通信を設定する
  • 「マイウォッチ」>「モバイル通信」>「モバイル通信を設定」の順にタップする。
  • 通信事業者にApple Watchのモバイル通信サービスを申し込む
  • ここからは、携帯キャリアによって手順が異なります。契約先のキャリアの手順に従い設定を進めます。※通常、Apple WatchでeSIMプランを利用するには、専用のモバイル通信サービスを申し込む必要があります。
  • モバイル通信サービスのアクティベーション
  • SMSやバナーでサービス開始の通知が届きます。
  • 新しいeSIMプロファイルの表示
  • 「マイウォッチ」タブから登録したデータプランが確認できます。
  • Apple Watchのモバイル通信アイコンに接続状況が表示される

以上の手順でApple Watchは単体で利用することができます。スマートフォンが近くになくても、Apple Watchで通話やSMSの送受信ができます

購入する前に確認すること

  • Apple Watchをスマートフォンとの連携で利用する
  • Apple Watchなら、スマートフォンの様々な機能、通話やSMSの送受信が単体で使用できます。スマートフォンなしでも外出が可能になります。
  • Apple WatchとiPhoneの互換性
  • Apple Watch Series 3 (GPS+Celullarモデル)は、iPhone 6以降のモデルと互換性があります。Apple Watch Series 3 (GPSモデル)の場合は、iPhone 5以降のモデルが対応しています。
  • 複数のモバイル通信プランを設定する
  • 最大5つまでモバイル通信プランをApple Watchに追加できます。ただ、一度に利用できるのは 1 つだけです。
  • Apple Watchで消費したデータ量は、iPhoneの親回線から減算されます。

本記事が、Apple Watch(アップルウォッチ)設定時の参考になっていれば幸いです。