コードを使用して5% 割引で購入
MYESIMNOW5
eSIMを購入する
言語
通貨
日本円
JPY - ¥
米ドル
USD - $
Trustpilot

失敗しない!カナダ留学の持ち物・持ち込み不要なものをご紹介

カナダへ語学留学・大学留学する方必見!この記事ではカナダ留学に便利な持ち物と持ち込み不要なものを紹介します。

Saori

3月 6, 2024

4.6 /5 Trustpilot star
高い評価 36.000+ 件のTrustpilotのお客様レビューに基づきます
Reviews avatar Reviews avatar Reviews avatar +1M
世界的なブランド 利用者数は100万人以上。Holaflyは世界中で人気です
Unlimited data データ無制限 170ヶ所以上の目的地で使えるデータ無制限プラン
Save money

Holaflyなら、海外ローミングと比べて30% 以上節約できます

eSIMを購入する

学生、社会人を問わず、多くの人が留学先として選ぶカナダ。

ビザの取得や新学期に向けての準備はいかがですか?

スムーズに留学生活をスタートできるように、この記事では、カナダ留学便利な物と、逆に持っていかなくてよい物をご紹介します。

カナダの街の様子

荷造りは、余裕をもって始めましょう! 

まずは、持っていくと便利なアイテムを紹介していきます。


カナダ留学の学習に便利なアイテム


カナダ留学生活の様子 イメージ

文房具 

カナダでは日本ほど品質がよく、種類豊富なボールペン、ノート、ルーズリーフなどはありません。

日本製のものに慣れている人は、多めに持っていくようにしましょう。

英語の参考書

目標は、英語のみで書かれた教科書や本を読めることですが、

まだ学び途中であれば、日本語で解説されている英語の参考書が役立ちます。

また、日本のように様々な英語の試験用の対策本は、カナダにはありません。

持っていくと、試験に向けてしっかり勉強できます。

ノートパソコン・タブレット

大学や語学学校に通うなら、

・ 学校関係の書類作成

・ エッセイの作成 

・ 授業のノートづくり 

・ デジタル教科書の閲覧

のために、パソコンは欠かせないアイテムです。

渡航する前に、手元のパソコンの状態をチェックして、留学期間中故障しないように、事前にパソコン診断を行いましょう。

買い替え時期であれば、学習のお供になる、頑丈で高性能なパソコンを選びましょう。

留学で必要なパソコンやタブレット

タブレット端末は携帯性に優れていて、授業のノートを取れたり、動画鑑賞などの娯楽にも使える、扱いやすいデバイスなので、おすすめです。

電子機器を持ち込む際に忘れていはいけないのが、充電器

学校内の移動が多かったり、コンセントが少ないところでは、モバイルバッテリーもあると便利です。

マイク付きイヤホン

コロナが過ぎ、オンライン授業を受けることは少なくなりましたが、もしあった場合にマイク付きイヤホンは便利です。

オンライン授業でも、授業中のディスカッションで発言が求められたりします。

マイク付きイヤホンは、雑音除去できるものをチョイス。音声をクリアに聞き取れるだけでなく聞こられるので、勉強に集中できます。

リュック

教科書やノートPCが入るサイズのリュックを常備しましょう。

広い校内では移動が多く、荷物も多くなりがちなので、

学生生活を快適に過ごすためには、丈夫なリュックが必要になります。


カナダ留学入国時の必需品


カナダ留学 必要な入国書類 パスポート 航空券

パスポート・ビザやその他入国書類

空港で税関を通る際、少なくとも以下の書類の提示が求められます。

・ eTA(電子渡航認証)

・ ビザ許可書

・ 入学許可書

・ 残高証明書

eTA申請は、学生ビザが不要な短期留学生が対象になります。

申請後発行されるeTA番号9桁を税関に提示します。

ワーキングホリデービザや長期留学ビザを取得している人は不要です。

入国審査をスムーズに通過するために、ビザの許可書、留学先の入学許可書と英文表記の残高証明書などはファイルに整理して用意しておきましょう。

海外旅行保険

カナダの医療費は日本よりも高額です。

万が一の体調不良や盗難など、トラブルに備えて保険に加入していると安心です。

保険会社によっては、通訳のサポートもついてくれるので、いざという時に助かります。

コミュニケーション手段:eSIM・WiFiレンタル

カナダに到着してから、実際に現地での生活に慣れるまでに数週間はかかります。

その間の通信手段は日本から購入・契約した海外ネット接続サービスを利用できると、カナダ到着直後の心配事を一つ減らせます。

もし滞在先で、WiFiの接続環境が悪かったり、あるいはまったくなくても、レンタルしたWiFiがあれば、固定のWiFiを設定するまでのネットを確保できます。

また、スマホの通信契約を現地で行う予定でも、最初の数週間用に、カナダで使えるプリペイドeSIMを事前に設定しておくと、便利です。

カナダに着いた瞬間からネットが使える上に、予約や返却の手間もなく、荷物も増えません。

カナダ留学に便利なeSIM

eSIMに対応した※¹、SIMロック解除済みのスマホをお持ちなら、

日本からネット上で購入できる、データが使い放題の

Holafly(オラフライ)の「カナダ向けeSIM」が便利です。

eSIMのQRコードをスマホにダウンロードして設定。

カナダに付いたら、スマホの設定画面で回線をオン。これで、すぐに利用を開始できます。

興味があれば、購入時に使える割引クーポンを用意しましたので、ぜひご活用ください。

カナダ留学でスマホの利用はeSIMが便利!

\QRコードで簡単設定👌・即日利用⭕/

【読者限定】

5%OFFクーポン進呈中!

クーポンコード:MYESIMNOW5

※¹ 「eSIM対応機種」ページから手持ちのスマホがeSIMに対応しているか確認できます。

また、カナダのネット事情について詳しく知りたい方は、「カナダでのインターネット: 最適な接続方法とは?」も合わせてお読みください。


カナダ留学に持ち込み不要なもの

持っていかなくても良いものを検証 イメージ

一方、「わざわざ持ってこなくてもよかった!」と、後悔する不要なアイテムには、どんなものがあるでしょう?

日本食

カナダは、日本人を含めアジア系移民が多く、現地に馴染みやすいのも、留学先に選ぶメリットの1つです。

アジア系スーパーも見つけやすく、日本食も幅広く揃っています。

日本からわざわざ持ち込まなくても、日本食材はカナダでも調達できます。

変圧器・変換プラグ 

カナダのプラグは日本と同じ形状です。

また、カナダの電圧も100Vから240Vに対応しています。

日本のパソコンやスマホなどの電子機器のほとんどは、カナダの電圧にも対応するので、変圧器がなくても使用できます。

カナダ以外の国も訪れる予定で変換プラグなどが必要な場合はカナダでも購入することができます。

冬用ダウンジャケット

留学期間、カナダの冬を過ごす場合は、ダウンジャケット・コートが必要になります。

冬に入国を予定していない限り、日本から持ち込むと荷物がかさばりますので、夏に入国する場合は、後日現地で買いましょう。

カナダの冬の寒さは、地域によって異なります。内陸部や北部はマイナス20度以下になることも。

現地で調達したほうが、防寒性能が高いダウンを見つけられます。

また、ウィンターブーツスノーブーツも現地で買うと機能的で安いものが手に入ります。


まとめ

留学生イメージ

ここまで、カナダ留学に役立つ持ち物に関する情報をお届けしました。

いかがでしたか?

海外留学は、現地の生活を楽しんでこそ。

できるだけスムーズに留学生活に慣れるように事前に準備しておくのがベストです。

留学の出発日が近づけば緊張と期待が高まり、出発・到着日は忙しく、入国審査から宿泊先への移動など、様々なことに気を付けなければいけません。

そんなとき、スマホが制限なくネットが使えると、本当に助かります。

ぜひ、データ容量使い放題のプリペイド式「カナダ向けeSIM」を検討してみてください~



カナダ留学に関するよくある質問

カナダ留学に持っていけばよかった物は?

お土産に日本っぽい小物をプレゼントできると会話が弾みます。
アメニティーや衣類は、使い慣れている日本製のものだと、楽で品質も良いです。

カナダ留学で入国するのに必要なものは?

パスポート(有効期限内)、eチケット・航空券、入国カード、税関申告書、入学許可書、ビザ発給許可証、eTA番号

カナダ留学の持ち物チェックリストはありますか?

☐ パスポート
☐ 航空券 
☐ ビザ発給許可書
☐ 残高証明書(英文)
☐ 現金・クレジットカード
☐ eSIM・レンタルWiFi
☐ パソコン
☐ 文房具
☐ 下着・靴下
☐ メイク愛用品

カナダ留学で持ち込めないものは?

カナダ留学の入国時に持ち込みが禁止されているものは、生・調理肉、果物・野菜類、乳製品、植物等です。